自分らしさを間違えて、大事なものを失ったキャバ嬢の話

自分らしさを間違えて、大事なものを失ったキャバ嬢の話

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

3週間くらい、休みなしで働いてたら、
今日、めっちゃ体がかゆくて仕方なくなって、
「あ、俺疲れてる」って気づきました。笑

小学生から塾をサボりまくっていたボクとは思えない、
勤勉さです。笑

ということで、今日から、
もうちょい、ゆるゆると仕事します。笑

未来を見越して準備するのも大事だし、
今を楽しむのも大事。

両方バランス良くできて、
『いい人生』ですからね。

人生は長期戦。
マラソンですから、長期スパンで考えないとね。

さて。。。

今日が「自分らしさシリーズ」のまとめです。

ここまで4本、記事を書いてきました。

◎1、手越くんの評判が、真っ二つに割れている件
https://tomohashiguchi.jp/2020/07/07/reputation/

◎2、SNS疲れをしている人は、「自分」が無い
https://tomohashiguchi.jp/2020/07/08/post-6062/

◎3、人生で大切なことは、全部サイゼリヤで学んだ
https://tomohashiguchi.jp/2020/07/09/saizeriya/

◎4人生で大切なことは、全部サイゼリヤで学んだ、その2
https://tomohashiguchi.jp/2020/07/10/saizeriya2/

今日は、
「自分らしさを間違えて、大事なものを失ったキャバ嬢の話」
をしたいと思います。

ボクの奥さんは元キャバ嬢なんですが、
新人時代に、同時期に入った仲の良かった友達がいました。

その友達は童顔で、胸が大きく(Dカップくらい)、
ピンポインターだったそうです。

フィリピンのキャバクラでは、
初めてのお客さんの前には女の子が全員ズラーっと並んで、
「この子」と指名するシステムです。

ピンポインターとは、
「新規のお客さんにしょっちゅう指名される」
つまり、『容姿の良い女の子』を意味しています。
イラストいつも人気な女の子でしたが、
中でも親切にしてくれるお客さんが現れ、
2年ほど付き合っていました。

仕事も順調、彼氏もいたわけですが、
彼女は同じお店に働く、
お姉さんに憧れていました。

そのお姉さんは、いつもトップ3の成績を残し、
大人っぽく目鼻立ちがはっきりしていて、
胸もより大きく(たぶんFとかGカップ)、
お客さんもたくさん抱えている人でした。

対して彼女は、童顔なので、
目鼻立ちは地味なタイプ。

あるときウチの奥さんに、
「私お金貯めたら、あのお姉さんみたいに鼻を高くして、
胸ももっと大きくするんだ」
と言ったらしいんですね。

ウチの奥さんは、

「あなたピンポインターだし、その鼻は、
あなたの雰囲気にはぴったりだから、イジらなくていいんじゃない?」

と言ったんだそうですが、彼女は

「そんなことないよ〜。私の鼻が高くなったら、もっとキレイになるわ」

と答えていたそうです。
イラストそして数ヶ月後、彼女は変身しました。
鼻は例のお姉さんと全く同じ形になり、
胸も以前より、さらに大きくなりました。

結果、どうなったと思います?

なんと、指名率がめっちゃ下がって、
かつ彼氏からもフラれてしまったそうです。

結局ね。
「違う人」になろうとしても、
うまくはいかない、っていうことですよね。

出発点は必ず「自分らしさ」からスタートしないといけない。
自分らしさを理解し、
その魅力を増すための整形なら、
きっとキレイになれただろうに。

ということで、自分らしさシリーズは、
いったん終了です。

この5本の記事を何度も読んで、
「自分に置き換えながら」活用してもらえれば、
きっと、あなたらしい人生になりますよ〜。

それでは。

イラスト

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン