YouTubeに動画を「良い動画」と判断してもらう方法

YouTubeに動画を「良い動画」と判断してもらう方法

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

コロナショックで、近年稀に見るほど、
本が売れているようですね。

アフターファイブの付き合いもないし、
リモートワークで家にいるので、
「読みたかった本でも読もうかな」となっているんでしょう。

活字離れなんて言われて、
本を読まないことが問題視されてましたが、
なんのことはない、僕らに足りなかったのは、
「時間」だったのかもしれません。

先日、クライアントさんと話していたとき、
「スケジュールはわがままに決めなさい」という話をしました。

口コミで仕事をもらうスタイルの彼女なので
「誘われたら、行っておかないと」という気持ちが強かったんだそうです。

だから、

「めっちゃ忙しいのに、大事なことができていない罪悪感が、
常につきまとっている」

というのが、日常的な彼女の感覚なんだそうです。

ボクが彼女に言ったのは、

「スケジュールって、人生だよ。
毎日のスケジュールの積み重ねが人生なんだから。

もらったものでスケジュールがうまっていくということは、
自分で選んだ人生じゃないってことだよ。」

だから「スケジュールはわがままに決めよう」って話なんですね。

どうやら多くの人が、
「スケジュールが空いているのに、誘いを断る」
ことができないらしいんですよね。

でもそれって「お金ちょうだい」って言われたら断れない、
って言ってるのと一緒ですからね。

いやいや、断りなさいよ!(←強めのツッコミ)

余談ですが、
「木曜日空いている?」って、
用件を言わずに質問してくるやつは、
人の財布にいきなり、手を突っ込んでくるやつと同列だと思ってます、ボク。

本当、「時間」を人の資産だって考えられない人とは、
距離を置いたほうがいいですよ。

閑話休題。

だから、今回の「本が売れている」ってニュースも、
いかに多くの人が、
「日常的に、自分にとって本当に大事なものを見失っているか」
っていうことの証明だなあと思う、今日この頃です。

なにが言いたいのかというと、
「YouTubeいつやるの?今でしょ!」
って話です。(←これしか言わない今日この頃)

さて。。。

今日の夜20時から、
YouTubeプロデュースプロジェクトの、
参加者の募集を開始します。

かなり厚いサポートが必要なので、
定員は5名です。

ので、メール忘れずにチェックしてくださいね。

で、これに申し込むと、
どういう指導を受けられるのかを、
具体的にお伝えします。

例えば、このプロデュースでは、
「YouTubeに『この動画良い動画!』と思ってもらう方法」
を指導します。

YouTubeは長く視聴者にYouTubeを観ていて欲しいので、
良いコンテンツかどうかは、

「どれだけ長くその動画が観られているか」
を基準に考えています。

これ、意外ですよね。

良い動画って、たくさん再生されている動画と思いがちですが、
そもそもたくさん再生されるためには、
それだけたくさんYouTubeからおすすめされなければいけません。

たくさん関連動画やおすすめ動画に載れば、
それだけ再生されるわけですから、

まずは「YouTubeにいい動画だと思われる」ことが先決です。

そのためにチェックするのが、
「視聴維持率」です。

これが50%だとすれば、
大体、半分の人が最後まで動画を見た計算、
ということになります。

10分程度の動画であれば、
これが40%以上あれば、
良い動画と判断されます。

と、概念だけ説明してもわかりづらいと思うので、
今日は特別に、ボクらのチャンネル内の、
「良い動画」「悪い動画」を紹介します。

ボクらのチャンネル内で、
もっとも再生されてる動画は、
「手作りマスクの作り方」です。

アップした3月11日から5日間で、6600回再生されてます。
この動画で僕らのチャンネルを知ってくれた人も多いです。

この動画の視聴維持率は、41.3%ですね。
グラフ逆に、あまり再生されなかった動画だと、
「リアクションしたら罰ゲーム企画」で、
公開して4日間で再生回数は97回しかありません。

こちらの視聴維持率は、21%のみ。
YouTubeが「あまり良い動画じゃない」と判断したわけですね。
イラスト

この2つの動画を見比べると、
明らかに違いが出るのが
「最初の1分間」です。

最初の1分間で離脱しなかった視聴者は、
9割くらいの人が最後まで見てくれます。

つまり、いかに最初の1分間で、
「続きを見たい」と思わせるかが大事。

YouTubeって、たくさんの動画が並んでいるので、
さっさと本題に入ってもらえないと、
飽きて、離脱しちゃうんですよね。

イラストではこの2つの動画の、
最初の1分間の違いはなにかというと、

「オープニングトークの長さ」です。

マスクの方は、
動画が始まって40秒で、マスクの作り方が始まるのに比べて、
リアクション企画の方は、
ゲームが始まるまでに1分17秒かかっています。

とにかく最初は、
編集でジャンプカットを使って、
テンポよく、早め早めで展開をすることが大事です。

上の例は、エンタメチャンネルの場合ですが、
ビジネスYouTuberの場合は、少し違います。

ビジネスYouTuberというのは、
エンタメ系とは違って、
専門性を使った情報配信の場合ですね。

上の文章を読むと、
ビジネスYouTuberの場合は、

「さっさと結論を言う方がいい」

と思いがちですが、
結論を聞いたら、そのまま離脱してしまう場合もあります。

それを避けるためには、
以下の順番でコンテンツをつくることです。

【視聴維持率を上げるコンテンツの作り方】

◎名前を名乗る
 ↓
◎今日話す内容を5秒で話す(動画のタイトル等)
 ↓
◎これに困っていませんか?と共感を示す(10秒)
 ↓
◎その内容を知るとどんないいことが起こるのかを説明する(動画を最後まで見るとどんないいことが起こるのかをイメージさせる10秒〜20秒)
 ↓
◎自分の実績を話す(本題に入る前に、信頼性をアップ)ここまでで1分以内。
 ↓
◎結論を話す(できれば意外性のある結論を話すことで、その根拠を聴きたくなるように)
 ↓
◎根拠を話す
 ↓
◎自分がYouTubeを通して実現したい未来を話して、チャンネル登録誘導

これに合わせて台本をつくることで、
視聴維持率が上がって、
YouTubeがあなたをプッシュしてくれるようになります。

続きが気になって、
途中でストップしないつくりになっているわけですね。

例えば、

━━━━━━━━━━━━

どうも。トゥモローです。

今日は「本で学んだ内容を、1万円以上の投資回収をする方法をお話しします」

毎回、本を読むたび、賢くなった気分にはなれるけど、
いまいち「投資回収できていないな」という人の、お役に立てる動画です。

この動画を見ると、自己投資すればするほど、プラスになって返ってくるので、
どんどん賢くなれるし、それに伴って収入も増えていきますので、最後まで動画見ていってください。

ボク、トゥモローは、10年前に情報発信を知ってから、
世界ノマドと言って、
好きなところで好きなように仕事をするライフスタイルをつくりました。
今では東京とマニラで行ったり来たりするデュアルライフを送りながら、
「自由になりたい!」人のサポートをしています。

では早速、自己投資回収の方法をお伝えします。

どうやったら自己投資を回収できるかというと、
「毎月、1冊しか本を読まない」ことです。

意外に感じるかもしれませんが、たくさん本を読んだからって、
うまくいくわけじゃないんですよね。

1冊だけ本を決めたら、
それを1ヶ月の間繰り返し読みながら、
毎日、その本の教えにそって、実践に活かすということをします。

(やり方の説明)

もちろん、1冊しか読まないのであれば、
「本の選定」もすごく大事です。

なるべくいい本と出会いたいので、
ここでは世界ノマド流、当たりの本を選ぶ基準を教えます。

(選び方の説明)

大事なのは、インプットではなくてアウトプットです。

アウトプットというと、
「ブログで人に教える」みたいなことを意識しがちですが、
そうではなく『実践をすること』が本当のアウトプットです。

読んだ活字の量ではなく、
どれだけ『深く』自分に落とし込んだかが大事です。

そのためにも、ぜひ実践してみてください。

このチャンネルではトゥモローの・・・
(理念どうのこうの)

ぜひ、チャンネル登録してね。

━━━━━━━━━━━━

と言うような形ですね。

ビジネス系YouTuberのプロデュース生には、
「持っているコンテンツ」をいかにこの台本に合わせて
面白く書いていくかをお伝えします。

話す内容に合わせて一本一本、
内容を吟味して、指導していきます。
そうすることで、YouTubeから評価が上がっていくわけですね。

こういう指導がかなり厚いので、
「限定5名まで」しか受けられない、
というのが、今回のプロデュースです。

ぜひ2020年、
『大事なことに時間を使う!』を実践してくださいませ。

それでは今日の20時に。
イラスト

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン