今からYouTubeをやる人を、プロデュースするなら

今からYouTubeをやる人を、プロデュースするなら

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ここ数日、
「トゥモさんの記事を読んでたら、
YouTubeやりたくなってきました!」
とお声がけいただくことが増えました。

めっちゃうれしいっす。

本当、おもしろい媒体なんで、
ぜひ始めてくださいね〜( ´ ▽ ` )ノ

ボクも、今年中に10万人登録、
来年には200万登録を目指してます。

そのためのリサーチも体系化も仕上げてるので、
とにかく毎日、楽しいです。

で、今年、
もうひとつ並行して取り組もうかと思っているのが、
YouTubeチャンネルの「プロデュース」です。

実はここ最近有名になっているチャンネルも、
何気なく更新しているように見えて、
裏でプロデューサーがついている、
なんてことはけっこう多いです。

もちろん、YouTubeの場合、
「裏でプロデューサーがついてます」なんて言うだけ、
マイナスにしか働かないので、
表には出さずにつけているわけですが。

この「プロデューサーをつける」っていうのは、
YouTuberによっては、
現実的に、かなり有効なんですよね。

というのもYouTubeって、始めた当初は、
ほとんどアクセスがない状態でやるので、
自分の投稿が正しく動けているのかどうか、
イマイチわかりづらいんですよね。

このあたりのセルフプロデュースが
苦手な人にとっては、
プロデューサーをつけるのは、
ひとつのチョイスです。

というのもYouTubeは、
「ウケるもの」と「そうでないもの」が、
はっきりと分かれているんですよね。

ジャンルの選定の段階で、
そもそも人気になれないものを選んでしまうと、
結果が出ないものに1年を費やしちゃった、
なんてことにもなり得ます。

でもその選定って、
・リサーチ(ジャンル特定、ライバルの動向)
・自分の特性(能力、人間性、人から見た価値)
・YouTube映えするかどうか
・動画投稿の難易度
に合わせて総合的に判断しなくちゃいけないんで、
難しかったりするんですよね。

また、スタートしてからも、
「更新のネタづくり」
「技術的にどうしたらいいかわからない」
「データの分析」
「トーク技術」
なんていう現実的な問題も出てくるので、
ここを、マーケティングのプロであるボクが、
並走しながら、指導していく『プロデュース』なら、
とってもお役に立てるな、と思ってるわけです。
写真イメージとしては、
2020年の4月から9ヶ月で、
チャンネル登録者1万人以上を目指します。

更新頻度や動画の長さによりますが、
広告収益で言えば、
月5〜10万円の規模のチャンネルですね。

ここに販売を絡めれば、
月商100万円以上になるチャンネルもあると思います。

YouTubeって、登録者が増えるスパイラルに入ってしまえば、
そのあとは基本、右上がりしていきます。

今年中に1万人いければ、
そのあと数年で10万人、100万人と狙っていけます。

だからこのプロデュースは、
ただ単に1万人を目指すと言うよりは、
「右肩上がりスパイラルに入れる」というのが、
ボクのゴールです。

こういうのが全部、
「オンラインでできる」のが、
今の時代のすごいところですよね。(o^^o)

コロナウイルスにも負けずに、仕事ができます。

いま、細かいところを詰めているところなので、
またみなさんに公開できるようになったら、
お知らせしますね。

明日に続きます。
追伸:

昨日、メールで質問をいただいたので、
こちらで返信いたしますね。

<いただいた質問>
━━━━━━━━━━━━

> トゥモローくん
> ご無沙汰してます。
>
> 山梨の○○です。
> ここのところのメルマガのYouTubeの記事を大変興味深く読んでます。
> まさに自分も今月からYouTube始めようと思ってたところなので、とてもタイムリーです。
>
> で、自分が発信するテーマをノートに書き出しているんですが、いろいろとやりたいテーマはあります。
> ただ、ネタ切れしてしまいそうなのもあるので、それはやらないことにして、自分が本当に好きな「旅」を発信していこうと思ってます。
> ひとくちに「旅」といってもそこから派生するテーマはたくさんあって、
> ・鉄道などの乗り物
> ・グルメ
> ・観光スポット
> ・宿
> などさまざま。
> そしてさらに掘り込んでいけば、鉄道だけでも何種類もあります。
>
> そこでトゥモローくんに質問です。
> 細分化された一つのテーマに絞ったほうが良いでしょうか。
> それとも「旅」という中でのあれこれという形で発信したほうがいいでしょうか。
> たっちゃんねるの「おっさんひとり旅」ってのも参考にしてますが。
> なにかに絞るメリットは、ブランディングしやすいことかな。
> あれこれという形にするメリットは、動画を撮るネタがいくらでもあるということでしょうか。
>
> もう一つ質問です。
> 動画編集ソフトは何を使ってますか?
>
> また次のメルマガ楽しみにしてます。
> よろしくどうぞ。

━━━━━━━━━━━━
<いただいた質問ここまで>

質問ありがとうございます。

最近の記事がお役に立てているようで、うれしいです。( ´ ▽ ` )ノ

「ジャンルを細分化したほうがいいのかどうか」
という質問ですね。

質問にお答えすると、
「ジャンルは最大でも3つまで」です。

1つで突き抜けることもできるし、
3つを掛け合わせて、オリジナリティにすることもできます。

逆に、あまりにもジャンルがバラバラで、
その種類が多すぎると、なんのチャンネルかわからなくなっちゃうので、
3つまでのジャンルというのが、通説になってます。

◎前提の説明

まず【前提の説明】をしますね。

3つのジャンルというのは
清原和博さんが提唱している、
「100万人に1人の才能の作り方」
っていう理論がベースになってます。

その分野で100人いたら自分が一番詳しい、
っていう分野が3つ掛け合わせると、

100の3乗で、100万人に1人の才能になるよ、
というものですね。

◎トゥモローを例に挙げると、

【ボクのカップルチャンネル】で言うと、
・かなり仲がいいカップルである(100組に1組くらい)
・日本に住んでいる。フィリピン人向けに日本の紹介ができる(100人に1人くらい)

という食べ合わせで、すでに1万人に1組ほどです。

現状はこの2つで動画を増やしています。

あともう1つのジャンルは、
おそらく、
・世界を旅したときの旅Vlog(すでに2人で10カ国以上旅しているので)
になるかな、と思ってます。
(もう少ししたら動画をアップして、反応を見ます)
イラスト◎有名YouTuberの例

去年、一気に有名になったYouTuberに、
格闘技RIZINのエース、朝倉兄弟がいます。

特にお兄ちゃんの朝倉未来が、最初にバズりましたよね。
ボクも、彼の大ファンです。

彼のYouTubeの強みで言うと、
・現役格闘家でトップ選手(100人に1人か、それ以上)
・元不良少年(100人に1人か、それ以上)
・男友達でワイワイやってる感(100人に1人)
という3つが掛け算になってます。

結果、彼を有名にした、
いわゆる「バズった」コンテンツが、

「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」
「ぼったくりバーに一人で潜入したらあり得ない金額を請求されて口論になった」
「道で突然ヤンキー集団に絡まれたらどうするのか【ドッキリ】」

だったわけですね。

◎旅をテーマにするときのジャンルの選び方

そこでご質問にお答えするとすると、
は多くの人が注目しているジャンルで、
YouTubeでもとっても人気があります。

なので、ジャンルとしては選んでもらって間違いないです。

例にあげてらっしゃる、
たっちゃんねるさんの場合だと、
どんな才能(切り口)を使っているかというと、
パッと検索して調べた感じだと、

・「おじさんの一人旅」である
・お酒と食事

という切り口は間違いなく、
たっちゃんねるの才能になってます。

あとはより詳しく見てみないとわからないですが、
性格だとか、行先のチョイスあたりに、才能が見えると思うので、
見ながら観察してみてください。

ボクの観光スポットめぐりコンテンツのときは、

・フィリピン人が初めて日本に来たとき

というのが切り口です。
(旅行者全般ではなく、フィリピン人にしぼってます。
そのことで、カップルコンテンツとの相乗効果をつくってる)

逆に、
・浅草を旅するならやっておきたい10のこと

みたいなまとめ方をして、広く旅行者を拾う、
っていうコンテンツを作っている人もいますね。
(この場合、回れるだけ世界のあらゆる都市を回って、
その都市でできる幅広いアクティビティをやっている必要がある)

◎ご自身の「旅」の切り口

あとはご自身の切り口の選び方は、
「自分が自然とやりたくなるもの」であることと、
「人が共感できる(=YouTube映えするのかどうか)」のバランスで見極めます。

挙げられているジャンル、
宿、鉄道、観光スポット、グルメは、
どれも十分、YouTubeで人気のジャンルです。

あとは、自分が「これがいいんだよなあ」と心から思っているもの
チョイスすることですね。

自分の才能が発揮できる形を模索していく、
という作業です。( ´ ▽ ` )ノ

◎オススメの編集ソフト

ボクは編集は外注しちゃってます。
編集者は、アドビ・プレミアを使っているそうですよ。

携帯アプリであれば、
「VILLO」が無料で使いやすく、
500円であれば、「パーフェクトビデオ」がいいそうです。

以上です。
お答えになっているといいのですが。
イラスト

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン