影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ

影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昨日アップしたボクのカップルチャンネル、
めちゃくちゃ反響いただきました。

「めっちゃ可愛いお二人」とか
「ほっこりした」とか
「トゥモさんのいいところが出てる」とか

すっごく好意的を感想をいただいて、
有頂天になっております。

ありがとうございますっ!(o^^o)

今日は、このチャンネルを広げるときに使った、
「影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ」
についてお話ししたいと思います。

このチャンネルは登録者100人行くまで、
メルマガやブログでは一切伝えずに、
本気でやったらどれくらいで登録者100人まで、
達成できるんだろう?という
「縛りチャレンジ」をしてたんですね。(←ドMしばり。笑)

しかも動画がフィリピン向けなので、
ボクのことを「世界ノマド トゥモロー」として
認識している人はいない中でのチャレンジです。

ドキドキしながらやってたんですが、
結果、3週間で達成できました。
まあまあ、早い方だと思います。( ´ ▽ ` )ノ

とはいえ、収益化できるのは、
登録者1000人以上なので、
チャレンジはまだ始まったばかり。

そこまでいけたら、
またみんなにシェアできるコンテンツもできるので、
ぜひ、応援していてください。( ´ ▽ ` )ノ
イラストそんなこんなで、今日お話しする
「影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ」は、
SNSやブログなどで影響力を持っていない、
『普通の人』に使ってもらえる内容です。

ちなみに、YouTubeで100人を達成すると、
YouTubeから『プレゼント』があります。

それは「インプレッション数」が上がることです。
インプレッション数とは、
ボクの動画が、誰かのYouTubeに表示される数です。

つまり、YouTubeが、
ボクらの動画をオススメしてくれる数が、増えるんですね。

諸説ありますが、100人を境に、
インプレッション数は2倍になる、とも言われてます。

つまり、それまでの2倍のスピードで、
成長できる、ということですね。( ´ ▽ ` )ノ

だからYouTubeを始めた人が、
最初に目指すのが100人という数字なんですね。

これを達成しているのは、
YouTube全体の5%しかいないと言われているので、
ここまで行けただけで、
ほとんどのライバルには、勝ててるということです。( ´ ▽ ` )ノ
それでは
「影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ」
行ってみましょう!

まず最初のコツは、

━━━━━━━━━━━━
◎1、ジャンル選び
━━━━━━━━━━━━

です。

YouTubeでもっとも重要なパートが、
「ジャンル選び」です。

この段階でミスると、
そのあとどれだけ努力しても、
結果が出ません。

ジャンル選びのコツは、
「YouTubeで視聴されているもの」です。
つまり、ライバルが生き生きとしているジャンルを選ぶのが大事なんですね。

というのもYouTubeの視聴回数って、
「関連動画」とか「オススメ動画」から流れてくるんです。

だから、人気のYouTuberがいるジャンルは、
自分の動画が再生されるチャンスも増える。

逆に、ライバルがいないジャンルだと、
自分の動画が再生されるチャンスも減っちゃうんですね。

だからYouTubeでは、
まず自分が「YouTubeを楽しむ」のが大事です。

YouTubeの世界を回遊して、
どんな人がいるのか、
自分の興味があるジャンルはどれくらい再生されているのか
をチェックするんですね。

人気があるジャンルで、やってみたいジャンルを探す。
まずはそれが大事です。

次のコツは、

━━━━━━━━━━━━
◎2、「楽に撮れる」ものを選ぶ
━━━━━━━━━━━━

です。

なぜ楽に撮れるものを選ぶのかというと、
YouTubeでは『投稿回数』が大事だからです。

YouTubeから見たら、
登録者が一桁から始まったチャンネルなんて、
いつ更新をストップしたって
おかしくないわけです。

というか、更新しなくなっちゃうチャンネルの方が、
圧倒的に多いわけです。

ほとんどの人は、10本も動画を上げる前に、
飽きてやめてしまいます。

そんなチャンネル、YouTubeからしたら、
プッシュするだけ無駄ですよね。

YouTubeとしては、

「視聴者に長く視聴してもらえればもらえるほど、
広告収入が入る」

わけですから、
「継続力があるチャンネル」を支持します。

だから、『投稿回数』が大事なんですね。

ボクのチャンネルで言えば、
1本目の動画をアップした日には、
インプレッション数は、たったの1日数十回でしたが、
12本動画をアップした、3週間後では、
1日1500回を超えました。

つまり1日1500回も、
YouTubeがボクらの動画を推してくれたわけです。
大きな追い風ですよね。

投稿回数を増やすには、
「なるべく楽に収録できる方法」を考えることです。

楽というのは、
・家で撮れる、などの「物理的」なもの、
・そのジャンルに詳しい、とかの「能力的」なもの、
・いつも通りのテンションでできる、というような「精神的」なもの
いろんな意味で『楽に撮れる』ものです。

ボクの場合、
もともと奥さんと一緒にいる時間がすっごく長いし、
家で二人が遊んでいるところを撮るだけなら、
ハードルが限りなく低いです。
デートの時間が仕事に変わるようなものですね。
そして、カップルチャンネルは、
ジャンルとしても人気が高い。

だから、この形にしたわけです。
とにかく『楽に撮れる』ものを選ぶのが、2つめのコツです。

次のコツは、

━━━━━━━━━━━━
◎3、サムネイルをつくる
━━━━━━━━━━━━

です。

サムネイルっていうのは、
YouTubeを開いた時に、
ずらっと「オススメ動画」が並んだときの、
「画像部分」のことです。

これ、こちらから指定しないと、
自動でランダムに動画の途中のシーンが表示されます。
でもそれだと、ほとんどクリックしてもらえないです。

YouTubeで大事なのは、
関連動画やオススメ動画に載ることですが、
例え表示されたとしても、
「興味を引くために考えられた」サムネイルと、
「テキトーにランダムで動画のシーンが表示されただけ」のサムネイルでは、
クリックしてもらえる確率は5倍以上変わります。

YouTubeコンサルタントの数人も、
「編集にこだわるなら、先にサムネイルにこだわったほうがいい」
って言うくらい、地味だけど大事なのがここです。

人気のないチャンネルほど、
ここをサボってます。

撮影と編集して、アップをすると、
「なんとなくひと段落した」感が出ちゃうので、
そこで終わっちゃうんですね。

サムネイルを自分で作るのは、マストです。
それだけで5倍クリックしてもらえるなら、
かなりお得じゃないですか?

とはいえ、画像編集なんて
できないよ〜って人のほうが多いですよね。

ボクも画像編集は、全くできなかったです。
でもね。

安心してください。



履いてますよ!

あ、じゃなかった。(^^;;

心の中の安村さんを、抑えきれませんでした。
すいません。
イラスト気を取り直して。

安心してください。
携帯で、無料で、簡単にできますよ。( ´ ▽ ` )ノ

いま、アプリのいいのがめっちゃ出てます。

サムネイルを作るんであれば、
パソコンでやるよりも、
むしろ携帯アプリのほうが
簡単で早く、十分なクオリティのものがつくれます。

ボクもまだ12個しかつくってませんが、
かなりコツがつかめてきましたよ。

おすすめのアプリは、
文字を入れるものなら
Phontoや、Perfect Imageがオススメです。

画像を切り取ったり重ねたりするのは、
Photoshop Mix、Photo Layersがオススメです。

モザイクを入れたいときは、
「ぼかし加工」がオススメです。

これらを組み合わせれば、十分、サムネイル作れます。
しかもなんと、全部無料です。
イラストと、ここまで一切、
撮影とか編集の話をしてないの、気付きました?

実は、動画を撮る前の段階で、
勝負は9割、決まってるんですね。

ここまでの3つを実践するだけで、
100人までの道ノリは、ググッと楽になります。

ということでここでやっと、動画の中身の話です。

━━━━━━━━━━━━
◎4、オープニングをつくらない
━━━━━━━━━━━━

オープニングって、
最初にアニメーションとかで流れて、
チャンネル名をコールするような、あれのことです。

ボクも3週間前にこのチャンネルを立ち上げた時、
なんとなくオープニングをつくったほうがいいのかな、
と思って、作っていたんですが、
そもそもオープニングを作るのって、めんどくさいんですよね。

しかも毎回流すことを考えると、
ちゃんとしたものを作りたい、
なんて思って、無駄にこだわって、
スタートが遅くなりがちです。

で、その後に知ったんですが、
実はYouTubeって、チャンネルスタート直後は、
『オープニングは無いほうがいい』んです。

それを知ってボクも、
新しい動画ではオープニングは無しで、
いきなり本題に入るような構成に変えました。

というのも、YouTubeって、
「どれくらいの割合の人が、どこまで見てくれたのか」
がデータで見られます。

長く見られる動画は、それだけ広告を流せるので、
YouTubeにとってもいい動画です。
だから、この割合って、YouTubeを味方につけるために、
すっごく大事です。(視聴維持率といいます)

このデータを見ると、
どんな動画だろうと、最初の15秒間で、
一気に4割〜7割の人が離脱するんですね。

つまり、15秒後には、
最大で60%、少ないと30%の人しか、
続きを見てくれない、ということです。

だから最初の15秒間、最大でも30秒の間に、
「この動画でどんなことをするのか」
伝えましょう。

そうすることで、
「そういうことなら、続きを見てみようかな」
思ってもらえるわけです。

知名度のあるYouTuberを除いて、
最初にオープニングを入れるのは、
逆効果になっちゃうってことですね。

オープニングをつくる労力も省けるし、
「一石二鳥なコツ」ですよね。(o^^o)

そして次が
最後、5つめのコツです。

━━━━━━━━━━━━
◎5、自分で宣伝しよう
━━━━━━━━━━━━

YouTubeで大事なのは、
いかに関連動画やオススメ動画に載るかですが、
最初はどれだけクオリティが動画をアップしても、
そもそも、見てもらえません。

また、視聴者からしても、
チャンネル登録者が0のチャンネルに、
自分が最初の登録者になるのって、
勇気要りますよね。笑

だから、最初は自力で広めちゃいましょう。

家族や友達に
「チャンネル登録よろしくね」
って言っちゃえばいいんですよ。

あとは、自分の動画に関連のある
「フェイスブックの交流グループ」があれば、
そこで宣伝するのもいいですね。

ボクの場合、
「フィリピンなんでも情報交換」という、
Facebookグループがあって、
そこはフィリピン関連の日本人が集まって、
情報交換をしている活発なグループなんですね。

だからそこで、
「奥さんとこんなゲームして遊びました」とか
「奥さんの妹を渋谷に連れて行ったら、こんなに喜んでくれた」とかいう形で、
見てもらえるように告知をしました。

あ、ちなみにボクはそのグループの中では、
いつもロム専(読むだけ)なので、
影響力はゼロです。

それでも、コツコツ宣伝すれば、
「ジャンル」と「グループの属性」が合えば、
けっこう見てもらえます。

たぶんそこ経由で20人くらい登録あったんじゃないかな?

とにかく最初は、
リアルなつながり、SNSでのつながり問わず、
自力で広めることも大事です。
イラストということで今日は、
「影響力ゼロから、3週間で登録者100人を達成するコツ」

として、

1、ジャンル選び
2、「楽に撮れる」ものを選ぶ
3、サムネイルをつくる
4、オープニングをつくらない
5、自分で宣伝しよう

をお伝えしました。

また明日につづきます。

こちらの関連記事も読んでみてくださいね。

◎1:2020年、YouTubeを始めるべき3つの理由
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/01/new/

◎2:【保存版】2020年、YouTubeで収益を得る6つのジャンル
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/02/6/

◎3:YouTubeで得られる、6つの収益
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/03/6-2/

◎4:普通の人こそ、YouTubeをやったほうがいい4つの理由
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/04/4/

◎5:【保存版】2020年、最速でYouTubeを始める方法
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/05/fastest/

◎6:顔出しせずに、YouTubeで収益を得る3つの方法
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/06/kaodashi/

◎7:ご報告。結果が出たので、公開します。
https://tomohashiguchi.jp/2020/03/08/report/

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン