思い出すたび自己嫌悪する、あのとき

思い出すたび自己嫌悪する、あのとき

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

今とは違う人生を夢みるとき、
どんな自分を想像しますか?

意外だと思われると思いますが、
ボクは、もし今の人生ではなかったなら、
「サッカー選手」になりたかったんです。

スポーツに興味がないボクには珍しく、
サッカーだけは、プレーするのも好きだし、
観戦するのも大好きです。

ボクは運動神経がいいほうではないですが、
サッカーだけは子供の頃から、
幼なじみとよくやっていて、
高校の授業でサッカーをやっても、
サッカー部を除けば、ボクが一番上手でした。

そんなわけで、

「サッカーをやっていたら、もしかしたら、
今とは違う人生になっていたのかもしれない」

と想像するのです。

でもね。
話は「ここからが本題」です。

ボクの人生には、
「プロサッカー選手になっていた可能性」
だってあったのに、今そうなっていない。

その『分岐点』ってどこだろう?と考えると、
ボクは『自己嫌悪』に陥るのです。
イラスト
ボクが最初に、サッカーを
「やらない決断」をしたのは、
小学校3年生のとき。

ちょうど小学校のクラブが始まる時で、
ボクと一緒にサッカーをやっていた幼なじみは、
サッカークラブに入りました。

ボクはというと、母親に相談したところ、
「勉強をする時間がなくなるからダメ」
と言われたんですね。(ウチは教育ママでした)

で、それを言われたボクは、
×「そうだな、勉強しよう!」と思ったわけでもなく、
×「絶対、サッカーやるんだ!」と駄々をこねたわけでもなく、
「遊ぶ時間がなくなりそうだから」という理由で、
『なんとなく』サッカークラブに入らなかったんです。

「勉強もサッカーも絶対やるから!」
と強く交渉することだってできただろうに。
大して夢中になってた遊びがあったわけでもないのに。
『なんとなく』サッカーを始めなかったんですよね。

次に「サッカーをやらない」と決めたのは、
中学入学のとき。

いよいよ本格的に、
「部活」が始まる時、
ボクは一番好きなサッカーではなく、
なぜかバドミントンを選びました。

その理由が、ボクを「自己嫌悪」させるんです。

ボクがバトミントンを選んだ理由は、
「恥をかくのが嫌だから」。

当時、サッカーと野球は、
運動神経がいいやつらが、真っ先に選ぶ部活。

さらにその2つは、すでに小学校から、
クラブでやっているメンバーが多い。

つまり、
・運動神経がいい
・経験者
が多い部活。

そんな中では自分が、恥をかくと思ったんです。
トゥモさんいやね、いまはわかりますよ。
所詮は中学生になったばかりですから、
経験にしたって、運動神経にしたって、
大して差はない。

1年間、真剣に誰よりも練習すれば、
学校で一番のプレーヤーにだってなれたでしょう。

それなのに、ボクは、
「恥をかくのがいやだった」
「自分の限界を直視するのが怖かった」
わけです。

いわゆる
「俺はまだ本気出してないだけ」ってやつです。

今考えると、そこがボクの分岐点だったんです。
あのときの謎のプライドが、
ボクの人生のひとつの可能性を、つぶしたんですよ。

結局ね、ボクは、
自分がやりたかったことを、
「恥をかくのが嫌」で、
あきらめたわけです。

別に、小学校での経験なんて、
大した差じゃないじゃないですか。

でも、そこから逃げたわけです。
めちゃくちゃカッコ悪いっすよね。

それ以来、ボクは自分に自信が持てなくなりました。

いつも、自分が本当に欲しいものにはチャレンジせず、
「恥をかかなさそうなもの」
「勝てるとわかっているもの」
にしか、手を出さなくなりました。

・受験の志望校も「中の上」を選びました。
・「ケンブリッジに短期留学させてあげようか?」と、
母に言ってもらえた時にも断りました。

恥を忍んでいうと、

・「あの子、ちょうかわいい!」と思っても、
自分には無理だと決め付けて、
チャレンジしないこと、告白しないこと、を選んでました。

そんな自分に、後ろめたさを感じながら、
年齢を重ねました。
イラスト転機は、ビジネスを始めたことでした。

初めて、
「できるかどうかわからないこと」
チャレンジをしたんです。

案の定、たくさん恥をかきました。

絶対売れる!と思って、
マンキンにイキってリリースしたサービスが、
誰からも申し込みがなくて、真っ青になったり。

「自分は、この世界から必要とされていないんじゃないか」
と思い悩みました。

結果が出なくて落ち込み、泣きました。

「このままでいいんだろうか?」
「自分にできるんだろうか?」

未来に不安を感じ、何度もあきらめそうになりました。

その都度、それでも、
「チャレンジしている自分」のほうが、
絶対にかっこいいと、自分自身を奮い立たせました。

仮に失敗したとしても、
「後悔がない」
「やれるだけのことをすべてやりきった人生」
の方が、絶対にいいと信じていました。

時間はかかりましたが、
いまでは、
「誰に出しても恥ずかしくない人生」
なれたと思います。

TOEICはたったの625点ですが、笑
それを恥ずかしいとは思わない自分でいられます。

それでもビジネスをやれている自分。
人生を世界規模で考えられる自分。

これからもたくさんチャレンジして、
たくさんヘコんで、落ち込んで、
それでもそれらを楽しんでいくんだろうなー、と。( ´ ▽ ` )ノ
写真ビジネスって、いいもんです。
スポーツとは違って、年齢制限がない。

いまから人生を変えようと思えば、
変えられますから。

死ぬ時に、
「あ〜!楽しかった!」って言って、パタッと逝く。
そんな未来を、想像できるんです。

あなたも、
ビジネスでも、恋愛でも、趣味でも、
なんでもいいと思います。

やりたいことやって、笑って人生を終える。
そんな生き方しませんか?

今日の記事がおもしろかった!
という人は、
LINE公式アカウントに登録しておいてね!

↓今なら、特典が手に入るよ〜。

===========
『やりたいことやって生きる』LINE@

↓LINE@登録はこちら
http://nav.cx/cvru8Wf
===========

【特典が手に入ります!】

学びをお金に変えるための最短距離、
「正しいインプット」動画セミナー(3万円相当)です。

メンプロで最も反響の大きかったセミナーです。
我ながら、なかなかのクオリティのセミナーだと思っています。

登録と同時に見られるので、楽しんでください。( ´ ▽ ` )ノ

※特典は期間限定ですので、
この記事から時間が経つと非公開となることもあります。

ご了承ください。

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン