力まない、力まない。一休み、一休み。

力まない、力まない。一休み、一休み。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

今年のお正月は、
フィリピンのマニラで過ごしていました。

特にアポイントを入れておらず、
2月頭にはオンラインサロンメンバーとの旅もあったので、
今回のマニラ滞在がおそらく、
ゴルフをがっつり出来る最後だろうな、
というのがありまして、
ゴルフのラウンドに行きまくっていました。笑

その数、年始の一週間で、4回!です。笑

その最後のラウンドは、
ボクのゴルフの記念すべき10ラウンド目だったのですが
初めて110をマークいたしました!
(ゴルフはスコアが低い方が良い競技です)

最初はスコア180くらいたたいていたところから、
だったので、嬉しかったですね〜。

その日の前日は、いつものコースを回って130。
10ラウンド目に行ったコースは初めての所で、
プロもラウンドで回るような、
けっこうチャレンジングなコースと聞いていたのですが
「え?」と思うくらいに、意外と簡単で(笑)

普通に回ってみたら、
110というベストスコアが出ました。

どうやら、普段ボクが回っている
いつものコースが難しいコースだったようです。笑

ゴルフでは
【ラウンドを18回やって、100を切るくらいが平均】
というデータがあるんですね。

なので、ラウンド9回目で、
スコアが120くらいだったら、いいペースだなぁ
と思っていたのですが、
実際には130と、あまりいい成績じゃなかったので
実は、ちょっと焦っていた自分が居ました。

そこで、翌日、ボクが思ったのは
「もう、ゴルフを楽しもう!」
ということでした。イラストボクは元々、運動神経は良くないです。笑

なので、そもそも、
普通だったら18回で100切れるところを
運動神経が悪いボクが、
30回目で100を切る、だったら、
別にいいじゃないか、と思ったわけです。

よく考えたら、
スピードを競っても仕方がないですし、
最終的にゴルフが上手くなっていれば楽しいわけだし、
いつかは80や90で回れるようになるだろうから、
「それはいつでもいいや、過程を楽しもう♪」
というような気分になったら、
急に110で回れたんですね。

「道中を楽しむ感覚」というのは大事だなぁ、
と思いました。

やはり、結果に捉われていると、
『力んで』しまうんですね。

ボクはその時、
「とにかく軽く打とう」とずっと考えていました。

「強く打とう」と思うと、力んで、軸がズレたりする。

だから、
「遠くに飛ばそう」というより
「飛んだところまでが、今の自分の飛距離なんだ」
という感覚。

そうやって、軽く打っていたら
ナイスショットが結構出て、
ベストスコアを一気に15も、縮めました。
トゥモさんこれはビジネスも一緒でして、
「デカい売上を立てよう!」
と思えば思うほど、
力んで変なことをやってしまうんですね。

「自分がやっていることが当たり前なんだ」
という感覚の時には
当たり前にその結果が出るんですが、
「頑張ってあれを達成しよう!」と力んでしまうと
全然上手くいかない、という感覚は
ビジネスにも確かにあります。

もし、ご自分でビジネスをされていて、
だけど、思うような結果が出ていないという方。

何かを達成しよう!とするのではなく
「結果なんていつか出るんだから」くらいの感覚で、
力を抜いて、いろんなことに取り組んでみると
意外と脱力して、結果が出るかもしれませんよ( ´ ▽ ` )ノ

騙されたと思って、
やってみてくださいませ。

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン