メリークリスマス( ´ ▽ ` )ノ

メリークリスマス( ´ ▽ ` )ノ

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

みなさま、クリスマスの夜
いかがお過ごしでしょうか。

せっかく今日はクリスマスなので、
今日のメルマガでは、

特別ななにかを!・・・・

・・・なんてことも無く、
いつも通りに「ためになる」お話をさせてもらいます。笑
イラスト最近Youtubeをよくみているのですが、
YouTuberで象徴的だなぁ、と思うのが、

「ハネる瞬間・ブレイクスルーが起こる瞬間というのが分からない」

ということ。

最初のうちは誰もが無名なところから始まるわけですが、
それが急に「ハネる瞬間」みたいなのがあるんですよね。

この展開、とっても現代的だと思います。

有名Youtuberでも、
過去動画まで振り返って見てみると、
他のYouTuberがやってそうな、

「〇〇やってみた」とか
「有名Youtuberディスりネタ」のような

ありきたりな事をやっていたときは
意外と人気なかったりして。

でも、その人の「出世作」のようなものはあって、
今まで無かったジャンルのことを、
気まぐれのようにアップしたら、
めちゃくちゃあたって、再生回数が一桁上がる、
というようなことが起こってたりするんですよね。

そういう、
「いつだか分からないけれど、ハネる瞬間がある」というのは、
非常に「女性性」的だな、と、
見ててボクは思います。

ピコ太郎が売れた時なんていうのは、
象徴的ですね。

彼は、「自分が面白い」と思ったものを、
自腹を払ってアップしていたところ、
そのうちの一つが、たまたま、
ジャスティンビーバーがリツイートしてくれたことで、
世界基準でハネるような曲になったわけですよね。
今やワールドワイドな仕事もしています。

では、あれを計画してやっていたのか?というと
そうでは無いですよね。

本人が想像も、計画もしていなかったことが、
起こっているわけです。
イラスト昔は、
「男性性」的なもので良かったんです。

計画性、再現性、理性、思考性、
というものが「男性性」ですが、
それがとても重要視されていて、
成功のシンボルだった時期があった。

例えば、ネットビジネスで言えば、
「1日10分、パソコンの前に座るだけで、
パソコンの電源も入れられなかったおじいちゃんが、
たった3ヶ月で月収100万円!稼げるようになった、
究極のコピー&ペーストの方法を知りたい人は他にいませんか?!」

というような煽り文句で、反応が取れていたわけですね。

でも、世の中の大きな風潮が
「男性性」的になってくると、
今度は反動で、
「女性性」的なものが求められるという時代に入っていく。

そうなると『作為的』であるというのは、
嫌がられる雰囲気になります。

先程の文章なんか、見てて気持ち悪いですよね(笑)

DA PUMPの「U.S.A」も、
YouTubeでめちゃめちゃ再生されています。

あれも、つくったときに、
そんなに再生されると思ってなかったと思うんですよ。

ただただ、彼らは彼らなりに、
こうやってみたらどうなんだろう?
という試行錯誤を重ねていただけで、
それが「たまたま」ハネた。
これは、「売った」というのとは違うんですよね。

逆に、EXILEは計画して
「売っていった」タイプのグループで、
「レコード大賞をお金で買った」
という報道がされたりしていましたよね。

最初のツインボーカルのうちの1人が脱退したのも、
表沙汰にはなってませんでしたが、
「そういう面」が見えた時に
『アーティストとしての在り方はそうじゃない』
と思ったから、辞めちゃったわけです。

そういう、男性性に集約される、
作為的、計画的、直接的に利益を取ろうとしているもの、
というものが「毛嫌い」される時代になってきたわけです。

なので、ここ10年で
「ハネたもの」というのは、
計画性が無かったものだったりすることが、
けっこうある、ということなんですよね。

売ろうとしているのではなく、
本人が
「楽しくてやっていたらバズっちゃった」
というような感覚で、
それはとても「女性性」的です。
写真運命の開き方で言うと、
「計画型」と「展開型」とでも言いますか。

「計画型」は、男性性的で、逆算して、
一つ一つタスクをこなして、達成していくというやり方。

「展開型」は、自分が面白いと思うものを楽しく表現していたら
気がついたらすごいことになってた、というパターンですね。

これは、どちらが良い、ということではなく、
どちらにも一長一短があります。

計画性がゼロだと、再現性も無いので、
本当にいつ売れるのか分からないんですよね。

また、逆に、計画してやっていくと、
努力量や正確性と比例する形で結果が出るので
予想不能な「バズる」ということは起こりづらいわけです。

そして、どちらか片方100%の人がいるわけでもないので、
その両方、バランスが大事だとボクは思います。

皆さんの中には、
「ゴールからの逆算」が、
出来るタイプの人もいるでしょうし、
逆算なんて全然出来ないです。。
というタイプの人もいるでしょう。

でも、計算しないほうが、うまくいくことも、
上記のようにたくさんあるし、
そういう時代になってますよ、って話です。

とは言え、
全く逆算しなくていいという話ではなく、
割合は少なめで良いと思うけれど、
計画性とか努力も必要ではあります。

ピコ太郎が、
ずっと自腹でスタジオ代払って、動画を撮っていたり、
DA PUMPが全国行脚を続けていたり、
そういう「地道な時間や努力」というものは、
どちらにしても必要です。

その上で、そこに売りたいんでしょ?というような、
作為的なものが見えると、
逆に売れ辛くなっちゃうということがある、という話です。

皆さんが何かをやる時には、
そのあたりの「バランス」を考えてみるといいですね( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

イラスト

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン