Amazonからの就職オファーを断る男

Amazonからの就職オファーを断る男

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ボクは、時流には逆らえない
という話をよくします。

人生で一番無駄なのは、
『環境の変化に文句を言うこと』
だと思っているからです。

だって、文句言ったって、
時代は流れるから。


よく若者をつかまえて、
「スマホばっかりいじって、
人とちゃんとコミュニケーションを取る力が育たない」
みたいな批判を言う人がいますが、
そんなこと言ったところで、
みんなはスマホを使うことを辞めないわけですよ。

だって、便利だもん。

そもそも、団塊の世代とかその子供世代が、
「ちゃんとコミュニケーションとれてたのか?」
というのも、疑問だしね。笑


こういうふうに文句が出るのは、
「今の価値観」で、
「未来を判断」しようとしているからです。

時代は流れていくものなので、
今の価値観で判断しちゃうと、
「何それ?」というようなことをしている人が、
『次の世代の価値観で判断してる人』だったりするんですよね。
イラスト例えば、先日聞いた話。
今、ボクの裏方仕事をやってくれているイトケンが、
こんな話をしていました。

イトケンは、もともと派遣社員でAmazonにいたんですよ。

Amazonといえば、もはやGAFAと言われる
世界的大企業です。
「Amazonから、社員にならないか」
という話があったんだけど、
彼はそれを断ってるんですね。

しかも、ウケるのが、
イトケンは『条件』すら聞かなかったらしい。笑

アマゾンがそうやって派遣から引き抜いた場合に、
給料がいくらになるのかも確認せずに、
社員にならないかという話をされた時点で、
「いや、いいです」って断ったらしくて。

ウケますよね。笑


彼は、周りの人たちが1日3時間くらいかけて
やっている作業を、
自分でシステムを作って、
ボタン1個をポチっと押せば、
勝手にその3時間の作業が終わるシステムを作ったんだそうです。

しかも、それを周りには言わずに、
自分だけそれで仕事をしていたという。笑

それで、その余った3時間は、
自分がフリーランスでやることを考える時間に当てていたと。笑

だから、彼はめっちゃ仕事ができるわけですよ。


そういうところも評価されて、
社員になりませんか、と言われたのを、
彼は断ったんですね。
(それで最後はクビになってるんですけどね。
 仕事はできるんだけど、あまりにもサボるので。
 当日欠勤が多いと。笑)

そういう話を聞くと、「えー?」みたいに思うと思うんだけど、
でも、それがあって、彼は今、
フリーでやっているわけじゃないですか。

別にAmazonですから、
Amazonに就職するのは、
時流に乗っていると思うんですよ。

今、Google、アマゾン、Facebook、アップルの4社以上に、
将来有望な会社なんてないわけだし、
時価総額1兆ドルとかあるんですよ。

1兆ドルって110兆円ですから、

日本の国家予算より、全然大きい時価総額。
もうその4社を合わせたら、
その辺の国より全然強いみたいな世界観ですからね。

そういう力を1民間企業が持っちゃっているのが、
現状なんです。


だから、Amazonに就職するのは、
そういう意味では、全然ありだと思うんですけど、
彼はそれを選ばなかったわけですよね。

もう、何も迷わなかったらしいからね。

それは彼が送りたい人生ではなかったから、
条件すら聞かず、「いや、いいです」と。笑
そうやって、今は自分が好きなことでちゃんと生活してるわけです。
写真 彼のエピソードみたいに、
パッと聞いたら、
「何それ?」というような決断が、
たぶん、『普通じゃない生き方』に当てはまるんだと思うんですよ。

それは別に、
「普通じゃない生き方をしよう」と思っているんじゃなくて、
『自分の心の声に従っていく』ということの結果なんですよね。

あと、彼はボクをずっと見ているので、
「人生に、保証なんてものはないんだ」というのが、
前提になっているんだと思うんですね。

保証を得たい!と主張する人生より、
ちゃんと自分で実力をつけて、
「人の役に立って、収入がある」という状態の方が、
よっぽど『自由』だという現物を、
ずっと彼は近くでボクを見て分かっていたので、
そういうのもあって、Amazonを辞めたんだと思います。

「面白いなぁ」と思いながら、
その話を聞いてたんですけど、
そういうもんですよね。

パッと見、普通じゃない生き方というのは、
後から見たときに、
価値が全然変わっていたりするものです。

だから、みなさんも周りから
「えー?」と思われるようなことでも、
『自分の心の声に従って』決断してみてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

追伸:
音声プレゼントですが、
なんと382名(!)から、
ダウンロードしていただいてます。
また、総再生時間が、
12,370分を突破しました。笑
人類の可処分時間を、
たくさん奪っております。笑

【2本の音声の詳細】

来年、2019年のトゥモローの、
通年企画も発表しているので、
興味がある人は、音声をダウンロードしておいてね。
してくれた人にだけ、詳細送るので〜。

<1、オンラインサロンだけで年商1000万円の秘密>

・うまくいくオンラインサロンと、うまくいかないオンラインサロンの違い
・オンラインサロンの良さは、定期課金によって「毎月売り上げが上がること『ではない』」←ここを勘違いしてると、うまくいかないよ
・DMMを始めとする、オンラインサロンの退会率が増え続ける理由
・有名人じゃなくても成立するオンラインサロン運営の仕方
・ホーム球場でしか試合をしないチームになれ
・『コミュニティ』とはアセットである
・オリジナリティとUSP・ポジショニングは違うもの

<2、「USP・ポジショニング」神話の崩壊と、これからの「オリジナリティ」>

・差別化をするほど、埋もれて行くSNSの世界
・「ポジショニング」で手に入るものは、オリジナルになり得ない。だってコピーされちゃうから。
・競合分析は時間のムダ。ペルソナをつくるのも無駄。
・熱心なファンがいれば、売り上げ予測が立つ。顧客単価が上がる。新規集客に手間を割かなくていい。
・USPを打ち出すほど、リピート率が下がる理由
・ラーメン二郎に学ぶ、「熱心なファン」のつくり方
・一食20万円する日本料理屋さんが、連日満員なワケ

━━━━━━━━━━━━━━━

無料音声プレゼント

次の時代の『差別化』と、本当の『オリジナリティ』とは?
 
 

携帯会社のアドレスで登録すると、メールが届かないことがあります。
× i.softbank.jp、docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、などではなく、
フリーメールアドレスの
◎ gmail.com、yahoo.co.jp、などでご登録いただくほうが、しっかりとお届けされる傾向があるようです。
━━━━━━━━━━━━━━━
イラスト それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン