議論したからってケンカしてるわけじゃない。

議論したからってケンカしてるわけじゃない。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

先日、久しぶりに、
喧々諤々の議論をしました。

相手はボクのメンティー。
ボクのやっている会員制コミュニティ

━━━━━━━━━━━━━━━
Provided by 世界ノマド
普通じゃない人生を生きるための
「21世紀型メンタープログラム」
━━━━━━━━━━━━━━━

こちらのLINEグループでは、
世間で騒がれているニュースや情事についての
僕の率直な意見を、
リアルタイムで音声で配信しています。

それについて、メンバーから、
感想や別の意見が出てきて
ボクと議論が始まることもあります。

慣れない人からすると、
一見、ケンカしてるように見えるかもしれません(笑)

日本人って、議論・ディベートに慣れていませんから、
「意見が違う」=「ケンカ」と思ってしまうんです。

でも、議論からしか見えないこともあります。

70人もいるLINEグループの中での議論ですから、
他の人も見ているわけですけど、
ボクの視点が新鮮だと感じたり、
逆にメンバーの視点に、なるほど、と思う人もいて、
それが勉強になっているんですよね。

ボクは、ボクの意見に反対と言ってくれる人を、
すごく貴重な存在だと思っているので、
ちゃんと話したいのです。

写真

というのも、「議論」は、
『分かり合うため』に、するものだからです。

決して相手を屈服させるためではないし、
勝つためにやっているわけでもない。

1、自分の意見を言う段階で、
ぼんやりした意見に輪郭が出来上がる。

2、相手の意見をちゃんと聞くことで、
自分との「違い」がはっきりする。

3、そのことで、新たな視点が手に入ったり、
相手を尊重できるようになる。

これが、議論が僕らにもたらしてくれるものです。

だからボクの話は、
メンプロ内では、たまに小難しくなるし、
細かい言葉の定義まで、
尋ねたりすることもあります。

よく言えば論理的、
悪く言えば理屈っぽい。

普通は理屈っぽい人は嫌われますし、
普段から細かいことを言うわけではありませんが、
議論の場では、別です。

【論理性】がなければ、わかり合うことはできません。

【論理】とは何か?というと、
ボクは理解し合うための、
「共通ルール」です。

その【論理】の上に乗っかって話をしていれば、
他人という全く違う存在と、
意思疎通を図ることが出来るものなわけです。

例えば、
・さとしくんは背が高い。
・背が高い人はモテる。
『だから』、さとしくんはモテるに違いない。

の意味はわかるけど、

・さとしくんは背が高い。
・背が高い人はモテる。
『でも』、さとしくんはモテる。

の意味はわからないし、
なにが言いたいのか、
わからなくなってしまいますよね?

これは、論理というのが、
メッセージを運ぶための、
「共通のルール」だから。

サッカーだって、
「ゴールに手を使わずにボールを入れたら、1点にする」
っていうルールがあるから、
ゲームとして成り立つ。

それと同じで、議論も、
「論理性」という『ルール』があるから、
成り立つわけです。
トゥモさんvたしかに、素人のときは、
やれハンドだ、やれオフサイドだと、
細かいことを言い過ぎるより、
わいわい楽しむことで、
サッカーを好きになりますよね。

でも、始めてからある程度経ったら、
ルールをちゃんと覚えて、
守ることって、大事です。

だって、サッカーとして、
ルールがしっかりあるから、
よりレベルの高いプレーができるわけですから。

それと一緒で、
議論に慣れていない頃に、
「論理的に話せ」とばかり言われると、
辟易しちゃいますよね。

でも、
より高次のコミュニケーション、
ひいては、より高次の成長のためには、
やっぱり大事なんですよ。
『論理性』が。

じゃあどうしたら論理性が身につくのか。

はい、じゃあ論理的にしゃべって!
と言われても最初は難しいので、
他人の議論を、見たり聞いたりするのがいいんです。

そうすると、自分が賛成していた意見にも
「あ、自分はここまでは考えていなかったな」
勉強にもなりますし、
反対意見の人の話にも
「あ、なるほど。そういうところでの
折り合いというのも大事なんだな」
と分かったりします。

でもそれは、その会話が【論理的】だから、
可能なことなのですね。

例えばパートナーシップや
友達との関係性の中であれば、

「私はこう思う」「あなたはこう思うのね」

終わってもいいと思います。

ですが、他人から「学ぼう」と思ったのであれば、
そこに共通のルールである論理性がないと、
そもそも分かり合えないんですよ。

ボクは「1+1=2」だと思って話してるけど
相手は「1+1=100」だと思って話してたら、
話がよく分からなくなっちゃいますよね、お互い。
イラストただ、この【論理的に考える】というのは、
慣れていない時には、結構難しいんです。

それは人間が「自分の感情」を
混ぜて考えてしまうから、なんです。

みんな、訓練をしてきていないのですね。

だから、反対意見を聞いただけで
「ケンカなのかな?」と思ってしまったり、
質問して詰めていく時に、
「いじめてる」という風に捉えたり。

そういうのは、
【論理的】ではないし、
【議論】でもないですよね。

だって最初に戻りますけど、
そもそも、議論は、
相手を理解するためにするもの、だからです。

理解をしたいからするのが、
『質問』ですよね。

なのに、質問をしているだけで、
相手が「責められている気分」に
なってしまう。

そうすると、お互いにわかり合うことはできません。
だから、論理的に考えるって、大事です。

イラスト面倒くさいなと思う人も、
いらっしゃるかもしれませんが、

基本中の基本の

「ちゃんと読む」
「ちゃんと聞く」
「わからないときに質問する」

というのは、
人と分かり合うために、
とても大事ですよ( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン