なぜ「やりたいこと」が見つからないのか?

なぜ「やりたいこと」が見つからないのか?

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ボクのやっているオンラインサロン、

世界ノマドの
『21世紀型メンタープログラム』では、

毎日24時間いつでも
参加者の皆さんは質問し放題です。

先日は
「自分が本当にやりたいことの見つけ方」
について、質問が来ました。

<質問ここから>
━━━━━━━━━━━━━━━

周りから「やってみなよ!」と励まされたり
お膳立てしてもらわないと出来ないような事は
本当は自分がやりたい事とは違うのでしょうか。

最初は自分でやりたいと思って、
ウキウキしていたのに

ちょっとしたハードルが前に来ただけで
心が折れてしまうようなとき
これは一旦手放した方がよいのかな、
とも思うのですが

やる前から諦めることがもったいなくも感じて
モヤモヤしています。
お答えいただけると嬉しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━
<ここまで>
イラストこれですね、ズバリ

「正解・不正解思考」が原因だと思います。

心のどこかで、

「私にはまだ見つかっていない、
何か『やりたいこと』という【正解】があるに違いない。。!」

という信念があるから、
そのような思考回路になっちゃうんですね。

でも、ぶっちゃけ
『やりたいこと』という【正解】は、無いです(笑)
イラスト 考えてもみて欲しいのですが、
そもそも、好きなことって、
どうやって見つかるのかというと、

『性質』と『環境』です。

例えば

「運動神経がいい」とか、
「チームスポーツが性格に合ってる」とかは、

『性質』ですよね。

これは生まれ持ったものです。

でも、自分が実際どのスポーツにハマるのかは、

『環境』からの影響も大きい。

・W杯を見たから、サッカー選手に憧れた、とか、
・中学校の入学式で仲良くなった友達が野球部に入ったとか、
・漫画を読んでバレーボール始めたとか。
・体育でやったバスケで、そのおもしろさに惹かれたとか。

『好きなこと』って、こうやって、
「性質」で方向性が決まって、
「外的な理由(=環境)」で見つかるわけです。

「やりたいこと」なんて、
これくらいあやふやなもんなんです。
「正解」なんてあるわけない。

本田圭佑なんかを見ていると、
「サッカーをやるために生まれてきた」
かのように見えるし、
「サッカー以外のことをやっているところを想像できない」
って思っちゃいます。

これが、みんなが「やりたいこと」という、
正解がどこかにあると思い込んでしまう理由ですよね。

でも、そもそも、
「手を使ってはいけない、11人のスポーツ」(サッカーのことね)
って、これ、人間がたまたま偶然、
「こういうルールだとおもしろいぜ」って、
つくったものですよね。笑

「サッカーっていうスポーツがある世界」が、
そもそも偶然なんですよ。笑

こうやって人の「やりたいこと」って、
合う合わない(=性質・天命)はあるけど、
最終的には、『偶然の要素』で決まってるわけです。
イラストミシュラン三ツ星をずっと取り続けている
銀座の伝説の寿司店「すきばやし 次郎」。

ここの鮨職人である二郎さんなんて、
『寿司を握り始めた理由』は、

「『丁稚奉公』先が料理屋だった」っていうだけですよ。

好きとか嫌いとかでもなく、
生きるためにやり続けていたら、
気がついたら、ミシュラン三ツ星になっていた。

しょうがないからやってたのに、(=環境)
気づいたら好きになってた、
なんてこともある、一番いい例ですよね。

なので

「これでワクワクしていたのに
出来ないかもしれない、と思った瞬間に
やる気が無くなるってことは。。。
これは私の本当にやりたいことではないのかもしれない。。!」

という、
『正解を探し求める思考』は、
もったいないですよ。
チャレンジをする前に、行動を止めてしまいますから。
そもそも、やりたいことって
『出来るか分からない』から、
やりたくなるんだと思うんですね。

例えば、夜、寝る前に
「明日の朝、起きたら、絶対、水飲んでやるぜ。。!」
って、ワクワクしないじゃないですか(笑)
喉が渇いたから飲む、というだけ。
ワクワクしないのは、
水は「飲める」って分かっているからですよね。

同じように、「100%当たる宝くじ」があったら
それを買うか、買わないか、迷いますか?
迷いませんよね。

だって100%当たるんだもん(笑)
『出来ないかもしれない』から、
やろうか、どうしようか、と悩むし
だからこそ、「やりたいな!」と思うわけです。

だから、
「いつになっても、どんな状況であっても
新しいチャレンジには、迷いがつきもの」
だということです。

ボクでも、何か新しいチャレンジをするときは、
これ出来るかな?出来ないかな?と考えてしまいます。

どれだけ周りから成功していると思われているような人でも、
新しいチャレンジには、迷いが出るものです。

だって、失敗するかもしれないもん。

「失敗するかもしれないこと」が、
「やりたいこと」の正体だからね。

そのような状況を目の前にした時の
リアクションの取り方の「癖」が、
この質問者さんの
モヤモヤになっていると思います。

やりたいこと(=失敗するかもしれないこと)に対する、
リアクションの「癖」です。

できないかもしれないから「迷う」のか、
できるかもしれないから「とりあえずやってみる」のか、です。
トゥモさんというわけで。
今まで言ったことを全部踏まえた上で、
ボクの結論は

【興味が無くなったらやめればいいので、
やってみたらいいんじゃないでしょうか( ´ ▽ ` )ノ】

です。

あなたも是非、やりたいことは
その都度、どんどんやってみてくださいね。
どうせ、本当にやりたいことかどうかは、
環境が決めるんですから。笑

どんな質問にも、ボクが音声で答えています!

━━━━━━━━━━━━━━━
Provided by 世界ノマド
普通じゃない人生を生きるための
「21世紀型メンタープログラム」
━━━━━━━━━━━━━━━

↓詳細はこちらから。

100名の仲間が集まり、
毎日賑わっていますよ( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン