日大アメフト部と山口メンバー

日大アメフト部と山口メンバー

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ボクのやっているオンラインサロン、
毎日、撮り下ろしオリジナル音声をお届けしていて、
なんと約100名が会員になってくれています。

━━━━━━━━━━━━━━━
Provided by 世界ノマド
普通じゃない人生を生きるための
「21世紀型メンタープログラム」
━━━━━━━━━━━━━━━

このサロンは文字通り、
「普通じゃない生き方」を推奨しています。
メンタープログラムではどうやったら普通じゃない生き方ができるのか?

ボクは「オファーで生きる」と呼んでますが、
『自分発信で生きる』必要があるんですね。

ほとんどの人は、
自分発信とは真逆の『受け身』で生きています。

オファーを自分から出さない。

例えば、たまに、
「彼女いない歴年齢そのまま」という
男性がいますが、
彼らは当然、素人Cherry Boyです。(^^;;

そういう人と話すと、
彼らは「彼女が欲しい」と必ず言いますが、
そのときボクが聞くのは、

「人生でこれまで何人に告白したことある?」です。

驚くことに、ほとんどの場合、
「ゼロ人です」と答えます。(いても1〜2人程度です)

告白というのは、
「ボクという存在を彼氏にしてみませんか?」
というオファーですよね。

このオファーをしていないんですね。
イラスト逆にいえば、
恋に落ちた時、
もしくは「あの子いいな」と思った時に、
毎回、自分なりに努力して、
告白するまでもっていくことを、
めげなかった人は、
「彼女いない歴年齢そのまんま」ってことには、
ならないんです。

特に女性は、不器用でも、かっこ悪くても、
「ちゃんと愛してくれる人」と伝われば、
恋愛対象として検討はしてくれるからです。

でも、それができない。

なぜなら、

「フラれるのが怖いから」。

オファーをして失敗するくらいなら、

×「オファーをしなれば失敗をしない」

と思ってしまうんですね。

でも、正直言って、
「40歳になって『彼女いない歴年齢そのまま』」の人生は、
失敗なんじゃないのか?ってことです。(←辛辣で申し訳ない)

このように、『オファーで生きている人』は、
最初は下手でも、オファーを続けていくことで、
うまくなっていくものです。

それは時には、

・就職活動だったり
・仲間内での遊びの企画だったり
・愛の告白だったり
・起業のための資金調達だったり

します。

でもそれは、最初っからうまくいくわけじゃありません。

「普通じゃない生き方」をしようと思ったら
『失敗』が絶対に出てくるんです。

なぜなら、最初は誰もが、
オファーが下手だから。

オファー上手になるために、
失敗は不可欠です

でも、その失敗が怖い。
だからボクは、

『失敗した時』、
何か問題が起きた時に、
「誰」に「どういう迷惑」がかかり
それを「必要最低限に抑える」ために、
『どのような責任の取り方』が出来るのか?

こういうことは常に考えておくべきだと、
ボクは思っています。
あらかじめ、怖い!で終わらずに、
詳細にその「怖い」と思っている状況を、
頭の中で、シミュレーションしておくんです。

そうじゃないと、安心して失敗が出来ません。

失敗ができないというマインドセットだと、
結果、「受け身な人生」になってしまうんですね。

だから、「失敗のシミュレーション」は、
重要なポイントだと思うんですよね( ´ ▽ ` )ノ

それは例えば、
「経済的な責任が取れるのか」
ということもあるし、

また
「物事の筋道的に、周りに胸張って言えるのかどうか」
というところでもあります。

特にボクのようなビジネスは
たくさんの人に支持を頂いて成り立っている、
つまり、

『生き方そのものがコンテンツ』のようなもの。

なので、自分の行動に責任が取れるのか?
何か問題が起きた時に、
皆さんに堂々と、きちんと説明出来るのか?

世間から見たら、
「普通じゃない生き方」をしているけど、
『筋を通せているか』は、とても重要視しています。
トゥモさん最近行われた2つの謝罪会見。

元TOKIOの山口達也さん、
そして、日大アメフト部。

山口達也さんは、
『謝罪会見』の場なのに、
「できるならTOKIOに戻りたい」と言ってしまい。

日大アメフト部の会見では、
加害選手の堂々たる会見が、
前日にあったにも関わらず、
(監督が日大内で力を持ってしまっているが故に)
大学側が「監督を守る方向」への会見をしていました。

どちらも全く筋の通らない会見になっていましたし、
『組織としての論理』と、『一般社会との整合性』を、
どこで取るか、というバランス感覚が
無くなってしまっているように感じました。

結果、両方とも、
解雇・辞職を余儀なくされました。

ひとつの組織やコミュニティの中には、
その組織独特のルールがあると思います。

そのルールが、一般常識とかけ離れてしまった時、
周りにいる人から見れば、
「明らかにおかしい」状況が見て取れる。

でも、そこにいるメンバーには
それが分からなくなってしまっている状態。

これが怖いんですよね。イラスト
ボクの言う「普通じゃない生き方」とは

◎『一般常識とは違う生き方をしよう』

ということ。

でもそれは、

×「一般常識を無視しよう」と言っているのとは違います。

何か問題が起きた時に、
一般常識から見て、

×「異常な状態」(=筋道が通っていない状態)

になっていないか?

『自分のやりたいこと』が、
『社会との調和』できてないんじゃないか?

こういったシミュレーションを、
常に意識しながら、ボクは、
「普通じゃない生き方」を推奨しています( ´ ▽ ` )ノ

ボクのオンラインサロンでは、
毎日『普通じゃない生き方』について、
撮り下ろしで音声をお届けしてます!

━━━━━━━━━━━━━━━
Provided by 世界ノマド
普通じゃない人生を生きるための
「21世紀型メンタープログラム」
━━━━━━━━━━━━━━━

↓詳細はこちらから。

 

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン