会員制・予約客限定レストランに潜入してきました。

会員制・予約客限定レストランに潜入してきました。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

今はマニラにおります。

今回は父を帯同しまして、
こちらの大学を訪問する予定です。

教育レベルの上がっていきている
大学出のフィリピンの高度人材と、
日本の企業をマッチングする、
という新しい事業の視察です。

これが本格化すると、
今年の後半、トゥモローが珍しく、
ネクタイをする機会が増えそうです。笑
イラスト
さて。。。

先日、会員制かつ、
完全予約制の「お肉料理」のレストランに行ってきました。
年会費が14,000円のレストランです。

会員になるだけで、ですよ。
会員にだけ、場所を教える、
というスタイルですね。

看板が出ていないので、一般のお客さんは入れません。

予約もできる時間が決まっていて、
平日なら6時からか、9時から。(2回転)
土日の場合は7時からか、8時から。(1回転)
という時間に合わせての予約。

料理のコンセプトは低温調理のお肉料理。

お肉は、68度以上で加熱をすると硬くなる、
という性質があるため、
それよりも低い60度前後で調理をする、という
特殊な調理方法が売りなんですね。

食べてみると、
お肉はとても柔らかくて、
超うまい!!

スープ、前菜からメインまで、
すべてお肉料理なのですが、
全然くどくありません。

他では食べられないオリジナリティーを感じました。
大満足!!
イラスト ただ僕が最も感動したのは何かというと、
このお店の運営のスタイルです。

なぜ『完全予約制』、
しかも看板を出さないのか?
気になりますよね。

行ってみて、答えがわかりました。

通常の飲食店は、
目の前を通ったお客さんが美味しそうと思えば
入ってきてくれます。

しかし、このお店の場合、
一般のお客さんの入店を、
全く見込んでいないわけです。

なぜそのようなハンデを自ら貸したのでしょうか。
この理由、皆さん検討つきますか?

答えは、「完全予約制」というところにあります。
飲食店にとって3大コストが何かというと、

『家賃』『人件費』『食材費』なんですね。

『完全予約制にすると、
この3大コストが無駄にかからない』

というのが、理由なんですね。
トゥモさん 例えば家賃は、売り上げが100万円だろうが、
ゼロだろうが、必ずかかってしまうコスト。

特に通常のレストランの場合、
「いい立地」に立てることで集客が見込めるため、
「大通り」に面していて「一階にある店舗」である必要があります。

すると、家賃が高くなりがち。

しかし、会員制完全予約制であれば、
立地がどこであろうが、
お客さんは自ら足を運んでくれますから、
「一本奥まった」立地や、
「二階・三階・もしくは地下」なども選べます。

これによって、坪あたり家賃を、
ライバルの半分以下にできるわけです。

また、食材の無駄もなくせます。

普通のレストランの場合、
今日は忙しくなるぞ!と、
食材をたくさん用意しておいたのに、
廃棄せざるを得なくなるというのは、
レストランには日常茶飯事です。

これが『完全予約制』であれば、
食材を準備しすぎて捨てることもありません。

高級店になればなるほど、
食材が高いですから、
廃棄の損害は大きいです。

このリスクを取らないで済むんですね。

同じく、人件費も、無駄がありません。

ピークの時間があらかじめわかっていますから、
必要最小限の人員で、
あらかじめ準備をしておくことができます。

コースも一種類のみ。
賢いやり方です。
イラスト 実は、全く同じ発想でうまくいってる会社に、
ライザップがあります。

ライザップも、スポーツジムとは違って完全予約制。

普通のスポーツジムは、
お客さんが一番多い時間帯に合わせて事務の設備を用意しなくてはいけません。

例えばランニング用のトレッドミルを
「10台用意しておく」など、
たくさん設備を準備しなくてはいけません。

実はこれ、暇な時間帯には稼働せず、
止まっていることが多いんですね。

暇な時間帯は1人しか使っていなくて、
しかし、忙しい時間帯には10台全部稼働し、
順番待ちが発生してしまう。

そうすると、会員満足度が下がる。

ジムのマシンってとっても高いのに、
効率が悪いわけです。

しかしライザップのように完全予約制であれば、
予約の時間を調整することで、
1店舗あたりに置いておく設備の数を、
必要最小限に絞り、
稼働率を上げることができるわけです。(無駄が少ない)

これはつまり、
1店舗あたりにかかる設備投資の金額を、
格段に下げることにつながるんですね。

ライザップと言うとマーケティングの上手さ、
CMのユニークさが取り沙汰されがちですが、
経営の視点から見ると、
「完全予約制」が武器なんです。

効率の良い経営をすることができてるからこそ、
短期間で店舗数を一気に増やすことができているわけです。

日本の飲食業は、
もはや過当競争どころの話じゃないほど、
飽和しています。

従来のモデルでは、
いくらおいしい料理を出しても、
コストがかかり過ぎてしまって、
競争に勝てません。

今後は、このように、
「ビジネスモデル」からテコ入れをするレストランが、
勝っていくんでしょうね。

なぜならこれは、
お客さんにとってもメリットが大きいからです。

無駄が少ない分、本当にいい食材を使って、
予約客のフォローだけに専念する、
『いい接客サービス』ができるわけですから。

リーズナブルで、
顧客満足度も高いレストランになるわけですね。

これからもっともっと、
こういったレストランは増えていくでしょう。

楽しみです。( ´ ▽ ` )ノ
追伸:

今日のテーマは、
『私の旅の思い出』!

旅先での感動話から、
九死に一生エピソードまで!

世界各地で起こった、
皆さんの『旅の思い出』を、
お酒を飲みながら聴きましょう♪

今回は特にお便りを多くいただき、
全部で13通の元気玉が届きました!
本当にありがとうございます!

予想以上の数で、
一部お読みできないお便りが出てしまいすみません。

これにめげずに、
また送ってもらえると、
すごく嬉しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━
【晩酌ラジオ 12杯目】
視聴はこちらをクリック↓

━━━━━━━━━━━━━━━

※かなりデキあがってるので、音量注意!笑

イラストそれでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン