ありがとうございますって、伝えてますか?

ありがとうございますって、伝えてますか?

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昨日、レターポットを紹介したら、
早速、10通、994レター分も、
レターをいただきました!
ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

レターポットってなに?って人は、

↓これを読んでみてね。
https://tomohashiguchi.jp/2018/01/08/taxi/

ちなみに、昨日ご紹介したことで、
ボクのレターポットのページは、
89名にクリックされました。( ´ ▽ ` )ノ
興味を持っていただいてありがとうございます。
で、実際に送ってきてくれたのは10人の方々から。
イラスト
では、他の79名の方は、

・ちょっと興味はでたけど、実際にレターポットを利用しなかった
・ボクではなく、他の方に感謝を伝えたか、

ということです。
おそらくほとんどは、
レターポットを利用しなかったと思います。

で、その方々が、
クリックはしたのに、
なぜ利用しなかったのかと言うと、
想像するに、

「それもらって、本当にうれしいの?」

っていう疑問が働いたってことだと思います。

つまり、贈り物が、モノであれば、
モノには価値があるから、気持ちが伝わる、と。
贈り物が、出産祝いのようにお金であれば、
当然お金には価値があるから、相手の役にたつ。

じゃあ、レターポットは?
『せっかく送ったのに、それに価値を感じてもらえなかったら、どうするの?』
っていうところ、だと思います。

そりゃそうです。当然の疑問ですよね。

そうなんです。
レターポットは、
まだまだ「贈った気持ちが伝わらない」危険性を孕んでます。

なぜかというと、
「利用者が増えないと、価値が上がっていかないから」です。
この辺は、SNSと一緒ですね。
友達がみんなFacebookをやってるから、
自分もやる。

みんながTwitterをやってるなら、
Twitterのほうがいい、っていうことですよね。

実は、レターポットって、
ひとつの「通貨」を目指してます。

通貨って、みんながそれを、
『価値がある』って信じて初めて、
価値が生まれるものです。

逆に言えば、
みんながそれを信じてないと、
価値がないのが、「通貨」です。
たとえば日本円。
一万円札って、
別になんの機能的な価値もないですよね?

それでも一万円をお金として使えるのは、
八百屋さんが、
「これを渡せば、一万円分のサービスや商品を購入できる」
と信じてるから、
ボクらのお金と、八百屋さんが持ってる野菜を、交換してくれる。

もしも八百屋さんが、
日本円を通貨として信じてなかったら、
「なんじゃこの紙切れ、もっと役にたつ、
肉かトイレットペーパーかよこせや!」
となって、
お金は、お金として使えない。

繰り返すけど、
みんなが
「これには価値がある」
と信じて初めて、
通貨は、『通貨』になれるんだよね。

レターポットは、
リリースからたったの10日で、
利用者19000人を突破したらしいです。

これはひとつのサービスとしては、
驚異的に早いスピードだけど、
レターポッド上の『レター』が、
ひとつの『通貨』として機能するためには、
実はまだまだ、ぜーんぜん、足りない数字なんだよね。

開発者(キングコング西野さん)は、
この春までに、利用者を10万人にする!
と言っています。

最終的に何人の利用者を
目指しているのかわからないけど、
10万人じゃ、まだまだ、
「理想の状態」には遠いと考えてるはず。

パッと想像するに、
100万人が利用して初めて、
「普段から実用的に使えるかな」というレベルであり、
『レター』をいっぱい持ってる人が、
『(一部の人から)すごい人』と認識される状態かな。

1000万人を突破すると、
一般の人にとっても、
「ひとつの重要な通貨として認識される」レベルであり、
FacebookやTwitterのように、
ひとつのインフラになると思います。

数字は根拠があるんじゃなくって、
なんとなーくですが。

じゃあ本当に、こういう人数にまで、
レターポットは成長するのか?ってことですよね。

実はボクはこのサービス、
『もっともっとメジャーになる』
思ってるんですよ。

なぜなら、
『時代にすっごく合っている』から。
物質的な豊かさじゃなく、
精神的な豊かさを求めるボクらにとって、
こんなに絶妙な角度から、
ボクらの心の琴線に触れてくるサービスは、
他にないと思います。

なにがいいって、
ボクのような情報発信ビジネスの人だけじゃなく、
タクシードライバーとか、
飲食店の店員のようなサービス業と、
めちゃくちゃ相性がいい。

お客さんが気持ち良い対応をしてくれた店員に、
チップのように『レター』を贈ったり、
逆にお店側が、いつも来てくれる常連さんに、
感謝の気持ちを込めてレターを贈ったりできます。
イラストまた、このサービスは初めて、
その人の持ってる『信頼残高』を、
数値化できるのも魅力です。
贈ったレター数や、
贈られたレター数が見れるからです。

5年後くらいになったら、
『「娘が連れてきた彼氏」がちゃんとしたやつかどうか、
「君のレターポットを見せてみなさい」』
なんていう時代がくると思います。笑

いや、冗談じゃなくて、
本当にそうなってくと思います。( ´ ▽ ` )ノ

ということで、
レターポット、一緒に始めましょう!
「感謝のペイフォワード」って、
コンセプトも、素敵じゃないですか!

トゥモローにレターを贈りたいって言う方は、
↓こちらからお願いします。
https://goo.gl/VtCM9C
もらうと本人、めっちゃ喜びます。笑

身近な人ほど、感謝を伝える機会がなかったりするのが、
ボクたち日本人。

ボクの周りでは、
普段から当たり前に、
レターポットで感謝を伝え合う文化に
していきたいなあと思ってます!

追伸:
レターポットの使い方【初級編】も貼っておきますね。
https://lineblog.me/nishino/archives/9315591.html
イラスト それでは。

 

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン