成り上がれる人、ポテンシャルだけで終わる人。

成り上がれる人、ポテンシャルだけで終わる人。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

本田圭佑のインタビューで、
「成り上がれる選手かどうか」を分けるものについて、
語っていました。

話題に上がっていたのは、
日本代表に入ってくる20代前半の若手たちが、
どうしたら世界のトップ選手になっていくか、
という話。

日本代表に入ってくるくらいですから、
若手世代の中では、一流選手たち。

それでも、
ヨーロッパのビッグクラブでプレーするような、
「世界のトップ選手」になれるかどうかの間には、
もう一枚、大きな壁があります。

インタビュアーのゴン中山が、
本田圭佑に質問しました。

ちなみにゴン中山とボクは、
誕生日が一緒の9月23日生まれです。(←どうでもいい)

B’zの稲葉浩志も、後藤真希も一緒です。(←どうでもいい情報上乗せ)
イラスト
で、それに対しての本田圭佑の回答を聞いて、
思わず「なるほど〜!!」と声を上げてしまいました。
彼の答えが、
「今の代表の若手は、みんないいものを持ってる。
でも、まだポテンシャルでしか判断できない。
『成り上がれる選手かどうか』って、
『これを決めたら世界が変わる』試合で、点を取る。
そこで一気にのし上がる。たった一試合で。

たしかに、言われてみれば、
ヨーロッパで初めて成功した中田英寿も、
ローマ在籍時に、
ユベントス相手に伝説的な活躍をしました。

当時のバロンドール保持者ジダンも在籍していた、
ユベントスにとっては、
勝てば、リーグ優勝に大きく近づく、
絶対に負けられない試合。

0対2というビハインドで、
ローマの絶対的エースであるトッティに変わって
後半20分から出場した中田英寿は、
2得点にからむ大活躍で、
2対2の引き分け。

その年、結局ローマが優勝し、
ユベントスは優勝を逃します。

ジダンはその後のインタビューで、
「あの年、ユベントスが優勝できなかったのは、
ローマに中田英寿という選手がいたからだ」
と答えています。

これは、技術の問題じゃなく、
「殻をやぶるかどうかの問題」です。
同じインタビューの中で、
日本の若手に足りないものとして、
「技術ではなく、ずる賢さ」と挙げている本田圭佑。
イラスト
これって、サッカーだけじゃなく、
ビジネスにも通じる話。

一生懸命勉強しているのに、
売れない起業家も同じだなあと思います。

いい子でいるだけじゃ、売れない。
ここぞっていう勝負のときに、
「ずる賢さ」「タフさ」「粘り強さ」もないとね。( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン