社員ひとり当たり、5億の売上!?

社員ひとり当たり、5億の売上!?

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

今朝の便で、マニラに着きました。( ´ ▽ ` )ノ

飛行機が、かつて経験したことがないほど
「揺れ」ました。(;´Д`A

離陸して登っていくときも、
高度が十分になって、一定の高さの時も、
着陸のときに高度を下げている時も、
何度も何度も、揺れました。汗

着いて5時間が経ちましたが、
まだ、若干具合が悪いです。(^^;;笑

今回は10日ほどの滞在で、
事業準備を進めていきます。( ´ ▽ ` )ノ
トゥモさん

さて。。。

「フィリピンのジャパネットたかた」をつくりたいと思い、
ジャパネットたかたをリサーチしました。

なんとすでに、年商1700億円もあります。
改めて数字で見ると、すんごい会社です。

仮に、
フィリピンでジャパネットたかたをつくると、
いくらの年商が見込めるんでしょうか。

GDP(国内総生産)で、
日本とフィリピンの経済規模を比較してみましょう。

日本の名目GDPは、2017年、
4.8兆米ドルになる見通し。

フィリピンの名目GDPは、
3200億米ドルになる見通し。
現時点で、
フィリピンの経済規模は、
日本の7%程度です。

つまり、ちゃんとポイントを押さえて、
ジャパネットたかたをフォローしていけば、
1700億円の7%である、
113億円までは、
現実的に可能である、っていうことですよね。

すごい。

100億円企業ですよ。\(^o^)/

しかもフィリピンはこの直近35年間で、
名目GDPが45倍になってます。

30年後には、日本と肩を並べるような
国になっているでしょう。

潜在的な可能性は、本当に大きいです。
トゥモさん
そもそも、
なぜ「通信販売」の会社をやろうと思っているかというと、

『赤字が出づらいから』です。

店舗ビジネスの場合、
・人通りが見込めるいい立地にテナントを借りて、
・人を配置しなくてはいけません。

売れても売れなくても、
毎月その固定費がかかってきます。

しかし、通信販売の場合、
場所はどこでもいい。

今回のボクのように、
マンションの一室から始められる。

ビジネスが大きくなって、
手狭になってからオフィスを借りればいい。

「固定費がかからない」ということで、
非常に身軽に、ビジネスができるわけです。

また、少ない人員数で、
大きな売上を回すことも可能です。
イラスト 「にんにく卵黄」で有名な、やずやは、
通信販売業界では伝説になっている会社です。

というのも、ひとりあたりの生産性が、
非常に高い。
最盛期のやずやの売上は、年商400億円。
当時でも、社員数がなんと、
たったの70人だったそうです。

つまり、従業員一人当たり、
5億7000万円(!)も売り上げたわけです。

これが、通信販売、
言い換えれば、
『DRM(=ダイレクトレスポンスマーケティング)』の威力です。

DRMとは、
1、リストを集める
2、信頼関係をつくる
3、セールスをする
の3ステップで行うマーケティングのこと。

いまの「ひとり起業家」業界では、
月商100万円、年商1000万円くらいで、
『すごい人』っていう立ち位置に立ちますが、
それは、まだまだDRMの、
初歩の初歩レベル。

DRMのすごさって、そんなもんじゃありません。
極めれば、
もっともっとポテンシャルがあるんです。

今回、ボクのやりたいテーマは、
「正統派のDRMをやって、
フィリピンで、その威力を証明する」
っていうこと。
今回、パトロンになってくれた人には、
その舞台裏をすべて見てもらいながら、
一緒につくっていく、共犯者になってもらいたいです。

どんなことをやるかというと、、、
これはまた明日、
詳しくお話ししようと思います。( ´ ▽ ` )ノ

お楽しみに。
イラスト ということで、
いよいよ明後日の20時から、
クラウドファンディングを開始しようと思います。
こちらも詳細は、また追って。

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!
人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!

人生が10倍楽しくなる!ビジネスメールマガジン