「年齢相応に」って考えが、いかにバカらしいか、って話。

「年齢相応に」って考えが、いかにバカらしいか、って話。

実は、この世界中のスーパーコンピューターを使って、
ボクらの身体から細胞を摂取して、徹底的に研究しても、
実年齢はわからない」んだってさ。
 
わかるのは、
肌年齢がいくつ」とか、
脳年齢がいくつ」とかいう
生物学的な「一般論」と照らし合わせた『目安』だけ。
 
つまり、
今この瞬間のあなた自身が、
年齢がいくつかなんてのは、
存在しない」ってことなんだよねー。
 
そう考えると、
年齢相応」って考えなんて、バカらしいよね。( ´ ▽ ` )ノ

好きなことを我慢してたんじゃ、それで食ってくなんて、一生できない

『好きなことで生きていく』なら、
まずは、
「思いっきり、好きなことをやる」ことだよ。
 
好きなことを我慢しているのに、
それが仕事になる、なんてことは、
絶対にありえないんだから。

【起業は減点方式ではなく、加点方式だ】

ボクは計画的に動くのが苦手だ。
仕事の質は、そのときのインスピレーション次第
セミナーも当日の朝、ギリギリに内容を考える。
 
要は、気分屋なのだ。
 
世の中には、
「準備が8割」っていう言葉がある。
この言葉をそのまま信じるのだとすれば、
ボクは起業家失格だと思う。
 
事務作業もできないし、
メールの即時配信も苦手だ。
誰にでも平等に接することもできないし、
お金の管理に至っては、壊滅的だ。
 
でも、ありがたいことに、
もう5年も、独立事業主として仕事をしているし、
7年連続、売上は30%アップしている。
ボクにはできないことが、たくさんあるのに。
 
 
よくみんな勘違いしているけど、
起業は、減点方式ではなく、加点方式だ。
 
自分は◯◯さんのように、××できないからダメなんだ」とか、
△△できないところがある自分には、起業なんてできない」とか、
 
足りないところを探す作業は、
まったく意味がない。
 
たぶん学校で、
20問のテスト問題、1つ間違えるごとに100点から、
5点ずつ引かれていく、っていう方式で査定されるから、
×「世界は減点方式だ」と思ってしまうんだと思う。
 
だから、他人と自分を比べて、
「自分には××ができないから、ダメなんだ」と言ってヘコむ意味はない。
 
他人と自分って違う人間なんだ」って言ってるだけであって、
だからダメなんだ、につなげる必要は、まったくないんだってこと。
 
言い換えると起業とは、
自分らしさを見つけ、自分らしさを発揮すること」だ。
 
起業は加点方式ですから。
あなたがなにができないか、なんて、
誰も気にしていない。
世界が気にしているのは、あなたがなにができるか?だ。
 
自分らしさを追求しよう。大好きなことをやろう。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!