売れない文章の3つのパターン

売れない文章の3つのパターン

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

おとといは、ボクの元スタッフさんの紹介で、
世界9カ国、12個の会社を経営する、
世界ノマドの起業家さんと、
夕食をご一緒させていただきました。

ボクの会社の年商が、
彼の月収に当たるそうで、(こっそり)
グローバルかつスケールの大きい方でした。

おかげで、ヨーロッパとコネクションができ、
今度は、マニラとヨーロッパをつなぐ、
新しいビジネスに発展しそうです。( ´ ▽ ` )ノ

彼に言ってもらって嬉しかったのが、
「オレ、お金儲けが得意なんだよね。
でも、トゥモちゃんはとことん自由じゃない?
そこにずーっと憧れてるんだよねえ」
というお言葉。笑

『売上より、自由』が、
ボクのモットーなので、
そう言ってもらえて、
自信がつきました。( ´ ▽ ` )ノ
イラスト4

さて。。。

「SNSやブログを書いても、なかなか売上につながらない・・・」
なんていう悩みを抱えている人、
多いと思います。

売れない文章には3つのパターンがあります。

1、大雑把すぎて、伝わらない
2、論理的過ぎて、硬い文章になっている
3、書く順番がわかっていない

の3つです。( ´ ▽ ` )ノ

最初のパターン
「1、大雑把すぎて、伝わらない」は、
右脳優位の人に多いです。

人と会話をするときに、
ズバっとか、ドーンとか、
擬音が多い説明をする人ですね。笑

右脳主導の人は、
直接、対面で人と話しているときは、
立ち居振る舞いなども含めて伝わるので、
セールスも意外と得意だったりします。
イラスト3 が、文章にすると、
何を言っているのかわからない。

そのせいで、文章では売れないわけです。

2つめのパターン
「2、論理的過ぎて、硬い文章になっている」は、
左脳優位の人に多いです。

いかに自分の売っているサービスが、
「正しい」のかを説明しようとしてしまう傾向があります。

問題は、硬い文章になってしまうことですよね。

お客さんは、
正しいものが好きなんではなく、
「楽しいもの」に惹かれるんです。

感情が動かないものは、
どれだけ「正しく」ても買いません。
イラスト2

つまり、右脳だけでもダメ、左脳だけでもダメ。

売れる文章ライティングのコツは、
「右脳と左脳」言い換えると「感情と論理性」を、
バランスよく文章に乗せることだと言えます。( ´ ▽ ` )ノ

そして最後のパターンは、
「3、書く順番がわかっていない」
ということです。

人が買いたくなるためには、
話すべき順番があります。

これがわかっていない文章も、
ネット上にはたくさん転がってます。

そういうものは大体、
最初の「一行目」から書き方を間違っています。

これは単純に『知識』が足りていない
っていうことなんですが、
読んでもらった人の心を、
掴んで離さない方法があるんです。

といっても、
セールス臭・テクニック臭がするような、
独特の言い回しとかではありません。

パッと見は普通の文章なのに、
自然と引き込まれていくような、
そういう『順番』があるんですね。

今回の
━━━━━━━━━━━━━━━
711万円売り上げた
「売れる文章ライティング」が身につく
3ヶ月集中オンライン講座
━━━━━━━━━━━━━━━
の中では、主に、

「右脳の左脳のバランスの取り方」と、
「自然なのに引き込む文章」を、

お伝えします。

特にネット上の文章を見ながら、
いい例・悪い例を解説・研究する、
ケーススタディもありますので、
実際に『売れるようになる』講座です。

募集開始は、
いよいよ本日8月16日(水)19時開始です。

お見逃しなく。
イラスト1

それでは。

 

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!