トキワ荘物語。ライバルが、成功の条件。

トキワ荘物語。ライバルが、成功の条件。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昭和の時代に、
「トキワ荘」というアパートに、
のちの超人気漫画家が住んでいた、
伝説的な時代がありました。

1956年から1958年の頃です。
メンバーは、
手塚治虫、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、
石ノ森章太郎、寺田ヒロオ、鈴木伸一 etc…

信じられますか?

未来の、
鉄腕アトムとドラえもん、

天才バカボンと仮面ライダーの作者が、
同時に同じアパートに住んでたんですよ。

でも当時は全員、超無名な貧乏漫画家。

トキワ荘後、
数年のうちに一人一人と売れていき、
後から考えると、
「あのときトキワ荘にいたメンバーは、
なんてメンバーだったんだ」
っていう状態になったわけです。
トキワ荘

このメンバー、間違いなく、
「ライバル意識」がそうさせた、
と思いませんか?

ただたまたま偶然に、
「未来の大先生」が集まったのではなくって、
「才能ある若者」が、
それぞれに刺激を受けあったから、
こんなことが起こった。

みんなまだ、実力もコネもなく、
情熱だけの若者が集まったところに、
『奇跡的に起こる熱』が、
そうさせたわけです。

ボクは、幸運にも、
『奇跡的な起こる熱』を、
起業当初に経験しました。
トゥモさん
ボクにとって最初の起業は、
アムウェイでした。
ネットワークビジネスですね。

今は活動していませんが、
学ばせてもらったことが非常に多くて、
「あの業界から始めてよかったな」
と、今もとっても、感謝をしています。

中でも一番良かったな、と思うのが、
「仲間」ができたことです。

人間って、環境に順応する生き物です。

語学を学びたいなら、日本でコツコツ勉強するより、
海外に住んじゃう方が早い。

それと同じく、起業するなら、
一人で勉強しているよりも、
それが当たり前の人といるほうが早いわけです。
海外に住む
まだ成功もなんにもしてない、
ただのイチ会社員だとか、フリーターだとかが、
本気で夢を語り合う環境。

世間の常識とは全く違う、
・起業こそが、人生を思い通りに生きるための、唯一の方法だし、
・本気でやれば、必ずそれは叶うんだ
という信念を持った人たち。

切磋琢磨できたあの当時、
「世界の見え方」が全く変わっていったのを、
ありありと覚えています。

本当にいい「仲間」に恵まれると、
成功は一気に加速します。

当時、ボクが活動していたチームは、
ミーティングをすると
50名くらいが集まるチームだったんですが、
そのうち10名くらいの、
そのときの「リーダー格」だったメンバーって、
今では、みんな年収が数千万円あります。
トゥモさん

数名はそのままアムウェイで成功して、
あの業界では知らない人はいないくらい結果を出しています。

また、ボクを含めて他の何名かは、
インターネットを使った情報ビジネスで、
生計を立てています。

このメンバーが発信した情報を全部足したら、
おそらく10万人くらいにリーチできるくらい、
大きなものになってます。

こういう、
「ライバル」と思える人たちを持てるかどうかが、
起業家が成功していけるかどうかに、
大きな影響を与えます。

あなたにとって、
「ライバル」「同期」「仲間」
と思えるような人たちはいるでしょうか??

ぜひぜひ、つくっていってくださいね。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!