折れないしなやかな心の身につけ方とは?– 利隆屋あやのさん対談 2

折れないしなやかな心の身につけ方とは?– 利隆屋あやのさん対談 2
これまでの対談はこちら

まず1つ目の「逆境に負けない力」について。

逆境に負けないっていうのは誰でもあると思うんです。
恥ずかしい思いとか、人にからかわれた思いとか、
それが元になってるんですよ。
いわゆるコンチクショウパワーとか、ブラックエンジンとか、負けるもんか、みたいな力があって、
そこが一種の起爆剤になってるのでそこは大事かなあと思います。

なるほどねえ。
じゃあ落ちてる時に、ブラックりこーやは出てきたんですか?

ありましたありました!
「あの女の子に負けたくない!」とか、
「このバカ男子に負けたくない!」とか、
見下すところがひどいんですけど。

それは誰に対して思ってたの?
CAの学校に行ってる同期とか後輩の女の子に対して思ってたの?

CAのスクールに通ってる後輩の女の子にも思ってましたし、
自分が通ってた大学の男子学生とかにも思ってましたし、
全然関係ない電車に居合わせたサラリーマンのお兄さんに対しても思ってましたし。

なんで?(笑)
彼何にも悪くないじゃん!(笑)

彼何にも悪くないけど、電通の社員証とか付けてるの見たりすると、
対して歳とかも変わらないのにいいお金もらって。
私も広報部にいたので広告業界の裏側とかも分かるんですけど、
チャラチャラして遊んでるだけじゃないですか。

特に電通はね。(笑)

(笑)
ちゃんと働いてる方もいます、それは認めますけど、
「こいつには負けたくない!」
っていう思いがありました。

じゃあマイナスな力が悪いわけでは全然ない(ってこと)?

もう大いに活用してましたね!

負けじと。
なるほどねー。

土曜日日曜日も休まずにTOEICの勉強をドトールでやってましたねー。

なんでドトールだったんですか?
コーヒーが安いからですか?(笑)

そうそうそう、それです(笑)

分かるよ、俺も今でこそスタバ行けますけど。(笑)

当時はスタバなんて本当にとんでもなかったので。

150円違うんですもんね。

全然違いますね、それが大きかったんですねー。
図書館もよく行きましたし。

なるほどねえ。
じゃあ2つ目の「やり抜く力」。
1つ目で言ってた「しなやかな」っていうのは、この2つなのかもね。
レジリエンスと、グリッド。

そうですね。

両方合わせて初めてしなやかになるのかなって気がするんですけど。
ブラックエンジンオンリーだと、しなやかじゃなくて、こうグッと。

力を入れる、アクセル踏む感じですね。

そうそう。
むしろ固くなっちゃうから、意外と暴風雨には耐えられないところも出てくると思うんだよね。

確かに。

で、「グリッド」っていうとどんな感じですか?

グリッドは、自分に対する許容範囲を増やすっていうんですかね。
例えば三日坊主になっても私の中ではありで。
もう一回、三日坊主を繰り返せばいい。

なるほどね。

続けることに価値があるので、
諦めたって思ってやらなくなってもそれはそれでありで。
本当にやりたいことだったら、
ちょっと間を開いても「やっぱりもう一回!」って気持ちがムクムクと湧いてくると思うんですよ。
そこで諦めたり「やーめた」って思ったら、それはそこまでの思いなのでもういいかなって。

多分、300回の中で何回も「もういっかな」って思ったと思うんだよね。
しばらく休んだ時期があったりとか。

そうですねー。

その時は多分、モチベーション下がってる時期があったりとか。
そういう時にセルフイメージが低い人って、
クセで、テンションが下がってる自分にダメ出しをしちゃうんだって。

ダメ出しはいっぱいしましたけどね。
むしろ私の場合はされました。

されたの?誰に?

当時CAスクールに通ってたんですけど。
なんでCAスクールに通ってたかというと、
CA受験って相対評価なので、
誰かと必ず競争しなければいけなくて。
競争する場にいないと自分が置いてかれてやらないだろうなっていうのが分かってたので、
先にCAスクールに通って逃れられない環境を作ったんですね。
そこの先生方に
「女らしさがない」とか「ガサツ」とか、
「話し方が上手じゃない」とか、
「目つきが悪い」とか、
「コセコセしてる」とか。

コセコセしてるって言われるの?(笑)

言われます言われます。(笑)
ノートを見返すといっぱい注意が書いてあるんですよね。
「一番CAにはなれない人間だ」って言われたので。

…すごいね。
女って怖いね。(笑)

鬼のようなフィードバックをたくさんもらってましたね。
それでもやっぱり、
「なりたい!」って気持ちだけでやってきました。
だから、本当にやりたいかやりたくないか、そこだけだと思うんですよね。
起業も同じで。

うんうん。
テンション下がった時に、例えば、
「成功できない、諦めてるってことは本当はやりたくないってことなんだよ」って言われた時にさ。
それもそれで一つの真理だけど、
それを聞いて「俺ってやりたくないんだ!起業本気でやりたいとも思えない人間なんだ!」ってヘコむ、みたいなパターンの人もいると思うんだよね。

そうですねー。(笑)

自分責めグセみたいなのは無くていいんじゃないかなって。
さっきの「三日坊主はもう一回やればいいんだよ」とか聞いて感じて。

自分に上手にご褒美をあげないと、
テンションやモチベーションも保てないので。
私の場合は、落ち続けた時は空港に行くとか、
ちょっとジェラシーですけど受かった友達の話を聞くとか、
受かった後何がしたいかとか、そういうこと考えてモチベーション上げてましたね。
責めグセは自分で自分の可能性を潰してるのですごく勿体無いなーと思います。

なるほどなるほど。

まとめ

  • 「負けたくない!」と思う気持ちは、起爆剤として大いに活用する
  • 自分に対する許容範囲を増やしてやり抜く。三日坊主で終わったらもう一回三日坊主を繰り返せばいい
  • 自分に上手にご褒美をあげてテンションやモチベーションを保つ

この後は、「夢を見る力」と、トゥモローの想いについてお話します。( ´ ▽ ` )ノ

対談の続きはこちら

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!