【第8話】「prelude」:世界ノマドカバン持ち体験記byようすけ

【第8話】「prelude」:世界ノマドカバン持ち体験記byようすけ

読者の皆さん
突然ですが、
英語の人称代名詞の復習です。

he・his・him

you・your・you

I・my・・・・
陽介くん

僕です。

第8話です。

最近報道とかでも
幸福“とか”科学ってワードが話題ですよね。

それに付随して、
いつかの飲みの席で、トゥモさんが言ってました。

「いま幸せだから、いつ死んでも大丈夫。やり残した事ないから。」

その直後、確かに
お店の天井で、天使がスタンバってました。
トゥモさん

嘘です笑

話戻って、

これってつまり、
やりたい事全部やってきたって事じゃないですか。
ヤバくないすか?!

僕なんか後悔しかないですよ。

あの時アレやっとけば良かった
とか

なんで全力でやんなかったのか=不完全燃焼
ですね。

思い返すと、
好きな女の子にスカして接して、
もっとカッコよくなったら〜、や
3回目のデートで〜、
なんて、時間をかけて好きになってもらうの待ってたりとか
言っちゃえばいいのに
変なとこ工夫したり、考えたりして
告白できなかったのを鮮明に覚えます笑

THE・後悔ですね♪( ´θ`)ノ

素直にやればいいところを
こんなふうに邪な思考とか感情が邪魔をしちゃって。

大人になるにつれ
それが大きくなって、
常識とか周りの目に変わって
動けなくなっちゃうんすよねー。

どっかでそのリミッター解除してあげないと、
いずれTBS番組〈サスケ〉2ndステージ終盤のどんどん
重くなる壁みたいになっちゃいます。笑
陽介くん
これって良くも悪くも
《考えすぎる》って行為が原因だなって気づきました。

僕の大好きな歌のフレーズにこんなのがあります。
“胸の高鳴りにその身をゆだねよう
燻りをわだかまりを捨てに行こう
深く考えないことが切符代わりだ”
Mr.Children/prelude

併せて僕の優柔不断な性格も厄介もんなんです。

会社辞めるにあたって、
退職届か退職願かで迷いました。
「保険かけといた方がいいのかな」
なんて考えがチラついたんですけど、
じゃあ辞める意味なくない?
って思ったので届を提出しました。

持論なんですが、
洋服でもなんでも、

1番最初に選んだものって、
その分野の初見で最高峰、
つまりそのままを見ることできるじゃないですか。
これをそのまんま率100%とすると

2番目に選んだものって
1番目と比べるってことだから
そのものを見るってできてなくて、
無意識に前者より良い点・悪い点ていう視点を加えて見ちゃってると思うんですね。
比較点を含むからそのまま率80%くらいに落ちて見えちゃってると思うんです。
(比較点+そのまんま率=100%)

もちろん時間をかければ見えてくるかもしれませんが
ちょっと後腐れがあるまま「こっち」て選ぶか
最終的に「もういっか」てなっちゃいます。

具体例でいうと

女性が化粧とか服装とか何もしなくても
確実に可愛く見せる手段があって

・隣に自分よりブスをおくこと

ストレートですみません。
でも、
比較が始まるってこういうことだと思うんです。

で、他人に比較されるのが怖いから
今までの交友関係は学校のクラスの延長で、
いやすい人同士で集まるなんてこと多いですよね。
比較

トゥモさんはじめ、
成功してる人って他人と比較してないと思うんすよ。

どう見られてるとか、どう思われてるとか考えてなくて、
“純粋にワクワクすることやってるだけ”
だから後悔してないんだなって思いました。

今日の今まで生きてきて

後悔・失敗こそしてきたけど、
あそこでチャレンジしてたからこの人に出会えたんだな、
あそこで逃げたからそこを抜け出すために動こうとしてるんだな、

全部現在とリンクしてるって思えたんです。

前は悔いてばっかでしたけど、

過去の自分を今の自分と比較したときに出てきたのが“感謝”でした。
この上ない自分への「ありがとう」って気持ちだったんです。
その上で、
家族、友人、好きだった人、
嫌いだった人、
お世話になった人への感謝が溢れてきました。

“選ぶ”って行為は、必ず比較対象があってどちらを選んでも自由で、
たとえ選ばなくても良くて、
でもそれが全て「自分がそれを選んだことを選んだ」
って見方と責任がとれれば、
後悔なんて無くなるのかなと思ったところです。

そのために毎日ワクワクに敏感にならなきゃって
自分自身に喝入れてます。

こんなこと言いながら、
飲食店で隣の席に座ったイケメンへの店員の対応の差に嫉妬してる僕でした。

まだまだっすね〜。笑

終わり。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!