「自分を語る力、つまり”リアル”力」:世界ノマドカバン持ち体験記byようすけ

「自分を語る力、つまり”リアル”力」:世界ノマドカバン持ち体験記byようすけ

読者の皆さん
いつもご愛読いただきありがとうございます。

バレンタインの季節ですね。

学生時代のこの日、
机と下駄箱をめちゃくちゃ往復したけど結局もらえず、
もらった友達に「それどんな味するん?」
と惚けて聞いておこぼれチョコをもらっていた

僕です。

陽介くん1 第7話です。

あなたの「将来の夢」は?

突然ですが、
「あなたの夢は?」
「将来どうなりたいの?」
て、僕の周りの友達に聞くと
「与えられた今の仕事がんばる」とか
「別になんも考えてない」とか
色々あるんですが、
どれも自分が知ってる(経験した)枠の中での
受身の解答だったんですよ。

そりゃそうだと思います。
忙しい業務やら家庭と子供持ったらそれがゴールになるし、
普段雇われて受身で過ごしてると
『自分のことを考える時間(自分と話す)時間』
自発的に設けるができないんじゃないかと感じました。
もしくは誰かか気付かせてくれない限り。

そこで、
僕もやっぱり何回も自分との対話が必要だと思ったので、

1.自分の今まで生きてきた自伝を書いて
2.今までの自分はどんな人間で
3.これから自分はどうなりたいか

を切り分けて分析してみたんです、
じっくりと。

「アツい人」を見て「冷めていた」自分

そしたら、性格面ひとつとって、
“冷めやすい”ことが判明したんですよ。
楽しいこととか熱中するものとか最初はすんごいハマるんですけど、
途中からやる気も元気も(井脇も笑)もういいやってなってたんです。

まるで藁に火をつけて、
ボワっと燃えて無くなるみたいな。笑

そこに、
“「素直」じゃなかった”
って要素が入ってきて、
嫌なのに我慢してたりとか、
好きなフリしてたりとか
もう感情がしっちゃかめっちゃかだったんです。

だから今、
色んな人の話を聞いてとか、
誘われたら1回やってみるとか、
やったことない”何か”にチャレンジしてるわけです。

ちょっと前まではクールぶって、
テクニックで人を動かせるなんて考えてました。
つまりは、
多趣味で経験豊富であれば言い負かせると信じてたんです。
そしてアツい人とか熱弁する人とかを
鼻で笑ってたんです。
例えば一時期流行ったCMの中で、
「好きな言葉は”情熱です”」
って言ってる人をバカにしてました。
ホントすみません。m(_ _)m

陽介くん2 だって自分が素直にそれをできないのをひた隠しにしてたにもかかわらず、
素直に愚直に何かに熱中してる人が羨ましかったんですもん。

曝け出すってことが怖かったんですよね。
だから良い子を演じて、
がんばってますアピールして、
高評価を得るために重厚な殻で自分を覆って、
大きく見せてたんですよ。
まるでドラゴンボールのウーロンみたいな感じです。
変化して変化して、
もう元の自分が何者かわからなくなるくらいに。

でもそうしてると、
そうしてる人が集まって、
本音は言えないから
表面だけの付き合いになるってわかって
ヤバいって感じたんです。

AIとかハイスペックなマシンが出てきたら、
技術とかノウハウなんてインストールして
永遠に継がせることができるけれど、
じゃあ人間のできることって言ったら
自分の本当を語る力 = “リアル”力なんだって教わりました。
実際にできる営業マンは商品を売ってるだけではなくて、
まず自分を売ってる(自分を語ってる)んですって。
機械は自分を語れないですよね笑

一言では良い表せないけど
それを仮に《情熱》と呼んだならば
それを自分のペースで保っていける人
憧れを抱いてるんだなってわかったんです。

自分のブレない軸を持って、
本気でやれると思ってやってる人たちになりたい、、

最近マジでそう思ってます。

海賊王になるあの人も、

小卒で首相になったあの人も、

ウィンブルドンで
「この球は絶対無二の一球なり」と叫んだあの人も、

本気で、マジで、
絶対にやり遂げるって信念のもとやってる人たちについていきたいって思います。
もう巻き込まれちゃってるんですね。
そう”成る”って決めた人には敵わない。
それを曝け出して語るなんてこれ以上ない至極のお酒の肴ですね。

トゥモさんをはじめとして、
全力で楽しんでるカッコいい大人を見て
こんな枠もあったのかって気付けたんですよ。
見ないと、探さないとわかんないはずですね、
隠れてるんすもん。
自分の認識外に、枠外に。
想像してない世界に入るってことがどれだけ怖いか、
けどそれが楽しいってことがわかっちゃったんです。
陽介くんとトゥモさん

「本気で語る」ということ。

だからこそ時間管理セミナーで学んだことを実行します。
自分の時間を確保するために現在の仕事を辞めます。
土日休みで、定時で帰れる業務を選びました。
日々の生活に記録をつけ、
自分にとって有益な時間を使えたか。
通勤時間もSNSチェックやネットサーフィンになりそうな時も、
学んだことを整理するとか本を読んだりとかしてるわけです。

同じ時間の使い方も日々の積み重ねでだいぶ違ったものになりますよね。
それよりももっと気をつけてるのが、本気で語るってことです。
どんな人も僕と同じように素直に話したいと思ってるはずと思ってるので、
僕から曝け出して話すことにしてるんです。

人は自分が経験したことしか教えられませんよね。
同時に、経験したことは否定されないんです。
語るって、
自分史上1番自分を肯定できる行為なんじゃないかって、
ふと思った今日この頃です。

あんまりブログも長過ぎると、
書いてる僕も寝ちゃいそうなのでこのへんで笑

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!