21世紀のノマド的起業家論

21世紀のノマド的起業家論

先日、高校時代の友達と飲んでたんだけど、
彼が言っていたのが、
「ゆくゆくは上場企業を作って、社会に爪痕を残したい」
って言葉。
 
そのとき俺が率直に言ったのが、
「そりゃ、いばらの道に聞こえる」ってこと。
 
これだけテクノロジーが発達して、
時代の流れも早まってるときに、
「大きい組織を持って、ビジネスをやりたい」
というのは、かなり危なっかしいというのが俺の意見。
 
これから組織のあり方って二種類しかなくって、
時代の流れを作り出す企業」と
時代の流れを乗りこなす個人のネットワーク」だって話をした。
 
 
◎時代の流れを作り出すのは、

1、最新のテクノロジーを使って、インフラとなっていく企業
ex)Google、Apple、Space X
 
要は、
技術的イノベーションで、時代をつくっていく企業』。
 
もしくは、
2、埋もれている「資源(リソース)」を社会に送り出す、マッチング型企業
ex)Uber、Airbnb、Facebook、コンビニ
 
要は、
(誰よりも早く)リソースを見つけ出し、
それを最適な形で社会に送り出す仕組みを「デザイン」できる企業。』
 
 
それ以外の組織、
例えば、営業力だけを売りにしている会社や、
下請けとして、仕事をもらうことしかできない会社なんかは、
どんどん淘汰されていっちゃう。
今は食っていけるかもだけど、10年スパンで見ると、未来はない。
 
 
どちらにもなれないなら、
とにかく軽やかに、時代の流れを乗りこなせるよう、
個人としてノマド化する」ってこと。
 
そういう自立した個人がつくる、
有機的なネットワーク型組織であれば、生き残ることはできると思う。
 
そういうコミュニティに属していたいのであれば、
肩書きや資格に頼るんではなく、
都度、必要なことを、必要な場所で、必要な形で提供できるように、
移動力を高めておくこと。
(これ、世の中で言ってるうすっぺらいノマド論じゃなくって、精神的にも、金銭的にも、文化的にも、あらゆる意味での自由人ね)
 
 
いやね。
俺だって、時代の流れを作り出すような、
「大企業」つくれたらいいなあとは思うよ。
かっこいいもんね。
まさにこの世界に、爪痕を残すような生き方。
 
でもね、無理無理。
ああいう企業、創業者は20代のうちに、
圧倒的な技術的イノベーションを成し遂げてるもの。
 
俺もう、35歳。
自分の身の程、わきまえてます。笑
 
たぶん、大企業をつくりたいと思ってしまう理由は、
 
1、自分がやりたいと言っていることの、難しさがわかっていない(=時代の流れが読めてない)か、
2、可能性とかどうでもいい。とにかくこれに情熱をかけるんだ!と言う、「ロマンを追いかける男」か。
 
この2つだと思う。
もちろん、2番目のタイプの人のことは、めっちゃ尊敬するけどね。同じ起業家として。

でも、オレは2番目のタイプの男じゃない。
だから、中途半端なことはしない。
徹底的に、身軽に行く
これが俺が決めてること。
 
もちろん、これだって、簡単じゃないのよ。
常に「時代がどちらに動くのか」を見極めていないといけないんだから。
そのためには学ばなきゃいけないことも、実はたくさんある。
 
・人間社会が、どういう成り立ち方をしているのか。
・いま時代の流れを決めているのはなんなのか。
・新しいテクノロジーによって、人々の価値観はどう変わって行くのか。etc…
 
俺はこれからも、身軽に生きたいと思うし、
身軽に生きられるためのコンテンツ」を、
みなさんに、提供して生きたいと思ってます。( ´ ▽ ` )ノ
※写真はマニラ。もうあれから一年かー。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!