村上春樹から学ぶ、起業家としての走り方

村上春樹から学ぶ、起業家としての走り方

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です.

今日は1月5日。
初仕事始まりましたね〜。(o^^o)

2017年、いい年にしていきましょうね。
改めまして、本年もよろしくお願いします。( ´ ▽ ` )ノ

セミナー募集、開始してます!

さて。。

夢を叶える「時間管理/本の読み方」セミナー
ですが、
募集からたったの24時間で、
のべ【66人!】から
お申し込みいただいてます。

ちょーうれしい。( ´ ▽ ` )ノ笑
ありがとう
去年、ボクが読んだ本の中で、
もっともボクに大きな影響を与えたのは、
有名起業家の書いた本や、
最新のビジネスノウハウの本ではなく、
村上春樹著「職業としての小説家」でした。

なにがそんなに衝撃的だったかというと、

彼は、
「気分で執筆しない」と決めているというのです。

(ここから引用・改行はトゥモローが変えてます)
━━━━━━━━━━━━━━━
アイザック・ディネーセンは
「私は希望もなく、絶望もなく、毎日ちょっとずつ書きます」
と言っています。

それと同じように、僕は毎日十枚の原稿を書きます。
とても淡々と。
「希望もなく、絶望もなく」というのは実に言い得て妙です。
朝早く起きてコーヒーをお温め、四時間か五時間、机に向かいます。
一日十枚原稿を書けば、一か月で三百枚書けます。

(中略)

長編小説を書く場合、一日に四百字詰原稿用紙にして、
十枚見当で原稿を書いていくことをルールとしています。
僕のマックの画面でいうと、だいたい二画面半ということになりますが、
昔からの習慣で四百字詰で計算します。

もっと書きたくても十枚くらいでやめておくし、
今日は今ひとつ乗らないなと思っても、
なんとかがんばって十枚は書きます。

なぜなら長い仕事をするときには、
規則性が大切な意味を持ってくるからです。

書けるときは勢いでたくさん書いちゃう、
書けないときは休むというのでは、規則性は生まれません。
だからタイム・カードを押すみたいに、
一日ほぼきっかり十枚書きます。
━━━━━━━━━━━━━━━

(引用ここまで)

彼が、35年間もの長期の間、
小説家としてトップに居続けるのも、
この『規則性』が重要なわけです。

(トップセールスの小説家はいくらでもいるけど、
10年・5冊以上、
トップセールスを続けている小説家は、超一握りなのです)

気分で仕事をしない。

そんなことしていては、
「小説を書き続ける」ことは、
できないわけですよね。

規則性をつくり、運命を変える

ボクが会社員を卒業して、
独立するまでの間、
毎日会社に行きながらも、

・半年で本を100冊読めたのも、
・毎日ブログ記事をアップできたのも、
・Twitterやブログの読者登録を淡々とやり続けたのも、
すべてはこの『規則性』をつくれたから。

規則性は「継続力」を生み、

継続は「習慣」を生み、

習慣は「人格」を生んで、

人格が「運命」を変えたわけですよね。
運命を変える
去年の前半まで、
会社員を卒業して時間があった分、
「気分で仕事」をしていたわけですが、
改めて、村上春樹氏が、
ボクを「当時の生活習慣」に
戻してくれました。笑
(そんなこと全く予期せずに読み始めたんだけど。笑)

2017年。
すでに残りあと、361日です。

「今年こそ、目標達成したい」という人は、
ぜひセミナーにご参加くださいませ。( ´ ▽ ` )ノ

「運命の変え方」をお教えします。

━━━━━━━━━━━━━━━
↓セミナーの詳細は、こちらをクリック
http://tomohashiguchi.jp/2017/01/04/fulfill-the-goal/
━━━━━━━━━━━━━━━
セミナー募集中です!それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!