起業前に身につけておきたいチャンスのつかみ方

起業前に身につけておきたいチャンスのつかみ方

トゥモローのカバン持ち3名、決定しました!

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

実は今月から、「カバン持ち」を3名、採用しました。
25歳以下で、「トゥモローからなにかを学びたい」という気持ちがある人に、ボクの雑用をお願いする制度です。
要は、少し昔の、弟子入りに似た制度ですね。

まだ採用して一週間経ってないのですが、一発目の「ダメ出し」をしました。
けっこうハッキリ言ったので、ショックを受けてるかもしれません。もしかしたら、「辞める」って言うかもしれません。でも、うやむやにしないほうがいいと思ったので、ハッキリ言いました。

そのダメ出しは、ボクが初めて3人にした指示に関するものです。
順を追って説明すると、まずボクは、3人のグループチャットに、こういう文章を投げました。

ストップトゥモさん

(指示の内容ここから)
━━━━━━━━━━━━━━━
◎一名だけ、募集です。
イトケンがアップしてくれたシートを見てもらえば分かる通り、
今後、ボクの発信状況とフォロワー数をチェックしていきたいです。
例えばfacebookで友達やフォロワーは何人いるか、いいね!はいくつついたか、
などを毎日記録して、それを今後の方針に活かしたいというわけです。

3人のうち、誰か一人、毎日このチェックをつけてくれる人はいますか?
作業自体は一日10分もあれば終わると思います。( ´ ▽ ` )ノ
立候補してくれた人に、お願いします。(≧∇≦)
━━━━━━━━━━━━━━━
(ここまで)

これに対して、3人とも、24時間経っても、うんともすんとも言いませんでした。
なので、ダメ出しをしました。そのダメ出しの内容も載せようと思います。
熱いトゥモさん
余談ですが、このダメ出しをこのブログに載せるかどうか、ちょっと迷いました。なんでかって言うと、「たぶん3人がこれから、
ボクのお手伝いでセミナーなんかに参加するとき、参加者からの視線を気にするようになっちゃうだろうなあ」と考えたからです。

でも、あえて載せることにしました。
理由は2つあって、

・ボクが普段、思っててもいちいち口に出して言わない、『本当の本音の話』だからこそ、読者さんにも役に立つだろうと思うから。
・「カバン持ち」の3人には、現状ではなく、ここからの伸びしろにフォーカスしてほしいから。

です。

(ここから)
━━━━━━━━━━━━━━━

これ言うの、最初だけです。
今後は、この手のことは言わないので、
よく読んで、よく理解してください。
(なんでかというと、この手の注意って、
言えば言うほど、聞き手を『バカ』にならせちゃうからね)

今回の「カバン持ちメンバー」って、
『仕事』じゃないわけ。
趣旨としては『修行・弟子入り』です。

ボクがみんなに期待しているのは、
「2017年が終わった時に、3人が何歩も前に進んでいること。
明らかに今の3人よりも、成長していること」
です。

ボクはみんなに、それ以上の対価は期待してません。
別にみんなが、ボクになにかをしてくれなくて、いい。
というか、みんながボクにできることなんて、
ボクがみんなにしてあげられることよりも、
圧倒的に少ないのが現状でしょう。

みんながビジネス的にボクにアドバイスができたり、
みんながボクの売り上げを100万円増やしたり、
できないでしょ?

正直、みんなに振る仕事って、
数千円払えば、他にやってくれる人は、いっぱいいます。
最初はそういうアルバイトを雇おうと思ってました。
そっちのほうがシンプルだし、簡単なんですよ。

でも、こういう細かい仕事を手伝ってもらうという名目で、
大志ある若者と「接点」を増やせば、
その接点の積み重ねそのものが、
その人たちに、プラスになっていくだろうと。
それって、ひとつの社会貢献だよな、と思って。

だから、あえてアルバイトじゃなくって、
「カバン持ち」にしてるんだよ。

ボク自身も、みんなと同じように、
特殊な能力だとか、人望だとか、資産とか、
なんにも持ってない25歳だった時期があってね。
そういう時期の自分に、なにかをしてあげられるのが、
いろんな方々にお世話になった、恩返しだろうと思っているわけ。

いまみんなは「チャンス」を手にしてます。
それは、
「トゥモロー」「阪井裕樹」という、
二人の影響力のある起業家に、
『アピール』ができる立場にいるということ。

この立場をみんなに与えたことが、
ボクのみんなへのプレゼントです。
あとは、みんな次第。

みんな勘違いしてるように感じるよ。
「トゥモローさんのカバン持ちメンバーに入ったから、なにか学べるかも、ラッキー」
「なにが学べるんだろう?」「なにを与えてもらえるんだろう?」
って思ってるんじゃない?

それ、根本的に間違ってるから。厳しいようだけど。

試されているのは、『主体性』です。
自分から考えて、動いていく力。
「お手伝いすることがあるなら、やらせてください!」という自主性です。

ただの「指示待ち」にならないこと。
指示待ちの人は、チャンスをつかめません。
「このチャンスを掴みなさい」って指示があるわけないでしょう。笑

これは人生全般の教訓です。

だから、こんなに簡単な「指示」すら、
すぐに飛びつかない3人に、ボクは違和感を感じます。

今回のこの状態に、すでにボクは、
「人はこうやって、簡単にチャンスを逃すんだろうなあ」と、
きみたちとの間に、精神的な距離を置いてしまってますよ。

きっと3人は、
アルバイトを雇わずに、カバン持ちメンバーを募集した意味とか、
ボクがお金を払ってあげてまで、
個人的な飲み会に3人を呼んであげた気持ちとか、
その意味とか、全然理解できてないんだろうなあ、と。

正直に腹を割って話すと、そういう気持ちです。

この手のことは、
ボクが教える以前の、人生への姿勢のことなので、
これ以降、もうボクからは教えないし、注意もしないので、
そのつもりでいてくださいませ。

そもそも、
「自主性を出せ!」って言うのって、
矛盾してるでしょ。
すんごいシュール。笑
ギャグじゃないんだから。

だからもう言いません。笑
これが最後です。

今からでも、上で言ったボクの指示を、
やってくれる人がいるのをお待ちします。

ここから先はボクの独り言です。

ボクがもし、3人の立場にいるなら、
「3人の中で一番かわいがってもうにはどうしたらいいか?」をまず考えるけどね。

成功者だって人間です。
『えこひいき』しまくる生き物だもんね。
自分は、運良く、
『えこひいきしてもらえる立ち位置に立つための、アピールができるチャンス』をもらったわけだから、
そのチャンスを活かさないでどうするんだ?って考えるよね。

トゥモローさんも、阪井裕樹さんも、
その影響って、数千人の人にアピールできる規模。

その二人からかわいがられて、
イベントもセミナーも、個人的な飲み会にまで、
何回呼んでもらえるか?どれくらい参加できるかで、
二人の影響下にいる人たちに、覚えてもらえる。
それがそのまま、自分がなにかを始める時の「土壌」になる。

「二人からの好意」という、人生を大きく動かす『資産』を、
どうやったら得られるか?
どういうふうに信頼を獲得できるか?
あとの2人を出し抜いてやるって考えるんだけどな。

ひとりごと終わり。
━━━━━━━━━━━━━━━
(ここまで)

さてさて。
3人が2017年、どう成長していくのか。今後とも、トゥモローとともに、カバン持ちのことも、かわいがってやってくださいませ。( ´ ▽ ` )ノ
それでは。

トゥモさんと弟子たち

 

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!