トゥモローの目指す成功像とビジネスチャンスの見つけ方。

トゥモローの目指す成功像とビジネスチャンスの見つけ方。

こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

M-1グランプリから学ぶこと

そういえば、M-1グランプリ、銀シャリ優勝でしたねえ。
今年は稀に見る、大接戦で、最終決戦の3組は、どれが優勝でも問題ないくらい、面白かったですね~。

遠くを見るトゥモロー

あ、ちなみにボク、「トゥモローさんって、なんでそんなに話がわかりやすいんですか?」ってよく聞かれますが、こういう「自分がおもしろい」って思ったものは、何回も見てるからだと思います。

今回のM-1もYouTubeからダウンロードして、もう3回観ました。笑(たぶんもっと観ます。笑)

1回目は単純に、一視聴者として笑ってますが、2回目以降は、「ネタの構成」「間の取り方」「セリフの強弱」「番組全体の流れ」なんかをチェックして、『なんで笑いが起こるのか』目線で、研究してます。笑(念のため言っておくと、別にお笑い芸人は目指してませんよ)

今回、個人的に、おもしろかったランキングをつけると

1位:銀シャリ「ドレミの歌」
2位:和牛「ドライブデート」
3位:和牛「花火大会デート」
4位:スーパーマラドーナ「エレベーター」
5位:スーパーマラドーナ「時代劇」
6位:銀シャリ「うんちく」

でしたねー。

なので個人的には、和牛が優勝でもよかったのかな、っていう気がしてますが、笑

まあ、あくまで個人の感想です。( ´ ▽ ` )ノ
(銀シャリも好きですよ!)

流行に乗っていませんか?

さて。。。

今日は、最近のFacebook投稿で、いいね!がいっぱいついた投稿を、ブログでもご紹介します。( ´ ▽ ` )

━━━━━━━━━━━━━━━

【最近はやりの「好きなことだけをやればいい」に、警鐘を鳴らしてみる(←天邪鬼。笑)】

最近、Facebookを見てると、「好きなことだけをやればいい。」「それ以外はやらなくていい。ってメッセージをよくみる。
それって本当か?と考えてみたい。

本田健さんが、娘さんの学校を選ぶときに、ボストンのサドベリースクールを選んだんだそう。
そこでは、子供が「やりたい!」と言ったことを、先生が応援する方針らしく、いわゆる普通の学校でやるような、国語算数理科社会、みたいなカリキュラムはないそう。

つまり、「好きなことをやればいい」っていう方針の学校なんだそう。

その素敵な方針に憧れた本田健さんは、アメリカ在住を決めて、VISAを取得し、家財道具をすべて送ってから、引越しをしたそう。

その後、娘を連れてサドベリースクールの最終面接を受けに言ったところ、先生がたからこう言われたそうです。

「当校の方針はご存知ですよね?当校では、子供の自主性だけを尊重し、全力でサポートします。その分、通常の学校が採用しているような、カリキュラムはありません。つまり、子供がやりたいと言わない限りは、通常の科目の勉強がないということです。あなたは父親として、娘さんが「読み書き算盤」すら、できない人になる可能性を、理解した上で当校への入学を希望されてますか?」

健さんはそのとき、

「もうすでに家財道具も日本からアメリカに送っちゃってたから、『はい』と言うしかなかった」と冗談を言ってましたが、「でもたしかに、『好きなことだけをやる』というのは、それなりの覚悟が必要だ」とも言ってました。

「自分がやりたいこと」がなにか、心の声に聞いてみようっていうのが、最近の「流行り」だけど。
それに共感して、Facebookに『好きなことだけをやればいいんだ』と投稿しているひとたちに、果たして健さんが言っているところの、『それなりの覚悟』はあるんだろうか??

という警鐘でした。( ´ ▽ ` )ノ

━━━━━━━━━━━━━━━

ここのところ、毎日「もうこれ以上できません!」ってくらいやって、クタクタになって、泥のように寝てます。

こういうふうになれてるときって、成長するときだよね。

あなたの毎日は、どうですか??( ´ ▽ ` )ノ

━━━━━━━━━━━━━━━

【はじめてのアルバイトで、創業社長の父に言われたこと】

高校生で初めてファミレスでバイトしたとき、まず「洗い場」を任された。
やっているうちに、すぐに飽きてきた。

洗っても洗っても、皿はやってくる。
たったの4時間が、10時間にも感じられる。
お小遣いが欲しくてバイトしてるのに、「早上がりできないかなあ」とか、考えながら仕事してました。

そうやって一ヶ月くらいをダラダラ仕事したあと、父にこう言われました。

「どうせ皿洗いはつまらないだと思ってるんだろ」
「皿洗いのスピードで、店で一番になれ」
「終わったら、『手が空きました。なにか手伝えることはありますか?』と、他の仕事を教えてもらえ」

と言われました。

それ以降、

「どうせ洗ったってしばらくしたらお皿はまたくるから、ダラダラやろう」

と考えるのをやめました。
ある程度、皿があるなら、それだけ早く洗おうと思うようにしました。

すると、今まで4時間かけて洗ってた量を、2時間で洗えるようになりました。
手が空いたら、先輩からひとつずつ仕事を教えてもらい、「高校生の使えないアルバイト」という評価から、少しずつ、頼られる存在になっていきました。

いつの間にか、これまで10時間に感じていた4時間が、あっという間に終わるようになっていきました。

変えたのは意識だけ。

嫌いや、受け身でやるのをやめて、「よしっ!いっちょやってやるか!」って気持ちに変えただけ。

それだけで仕事が楽しくなったし、周りからも評価されるようになった。

ボクが最初に経験した、「自分次第ですべてが変わった」体験でした。
━━━━━━━━━━━━━━━

皿洗いで学んだこと

恋ダンス流行ってるけど、ボクは、歌詞が好き。

「意味なんてないさ、暮らしがあるだけ。ただ腹を空かせて君の元へ帰るんだ」

なんか星野源好きだわー。

━━━━━━━━━━━━━━━

ボクがみんなに伝えたいのは、「ビジネスって楽しいんだぜ」ってこと。

自分が好きなこと、得意なことで、人の役に立てて、そしてお金までもらえる。成長できる。

こんなに楽しい遊びは、他にはないと思うんです。( ´ ▽ ` )ノ

━━━━━━━━━━━━━━━

これから起業しようと思った人が、「成功しよう」とすると、まず、力んじゃう。
「わたし、絶対成功します!」「本当に感謝しかありません!」みたいな。

超、力んじゃう。

ボクが目指している成功像は、それとは違うのです。

緩むのです。
緩めば緩むほど、うまくいく。

そういう結果の出し方をする、って決めると、そうなるんだよねー。

たたずむトゥモロー

━━━━━━━━━━━━━━━

【なんでマニラなの?】

マニラって治安悪いっす。
タクシーの運転手はすぐにぼったくってきます。

昨日も、友達のうじくんが空港に着いたら、200ペソ(400円)で来られる場所に、2500ペソ(5000円)と言われたそうです。

タクシーに乗ったら乗ったで、「鍵を閉めてくれ」と運転手に言われます。
信号待ちで止まってるときに、よくわからない輩がドアを開けてきたりするからです。

こういうのを聞くと、「なんでそんなところでデュアルライフしてるの?」って言われる。

答えはシンプル。

「チャンスがゴロゴロ転がってるから」。

日本は整備されすぎです。
ビジネスをする「スキマ」が少ない。

チャンスが少ないし、成功させるための難易度も、高いわけです。

逆に言えば、戦後の東京だって、めちゃくちゃ治安が悪かったわけです。
一面焼け野原で、なんにもなかった。

そこから世界第2位の経済大国になってったわけで。

みんな「安定」とか「安全」を求めるけど、それが提供されてるところには、もうチャンスはないよ。

アジアだって、バリ島でデュアルライフしてます、って言えば、

「あ、なんかいいね。すごいね。」

ってみんなが言うでしょう。
でもボクはバリ島は選ばなかった。(旅に行くのは好きだけど)

なぜか?

みんなが

「なんかいいね。すごいね。」

なんて言ってる頃には、もう手遅れなんですよ。
バリはすでに、観光業としてのピークは過ぎてます。

いま、だいたい、

「東京とマニラでデュアルライフしてます」

って言うと、

「なんでマニラ?」

って微妙な笑顔で言われることが多いけど、実はボクはそのたびに、「ほっ」としてます。

あ、まだまだチャンスだな、って。( ´ ▽ ` )ノ

━━━━━━━━━━━━━━━

よかったら、Facebookも、フォローしておいてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

↓Facebookのフォローはこちらから
https://www.facebook.com/tomorrow10yen

トゥモローfacebook

それでは。

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!