ミクロの現実世界から見た、夢を叶える宇宙の法則 – 平野孝明さん対談2-2

ミクロの現実世界から見た、夢を叶える宇宙の法則 – 平野孝明さん対談2-2
これまでの対談はこちら

これも僕がよく言われることなんですけど、
「自然体ですよね」っていうのもよく言われるんですよね。
自然体、はい。
いわゆる普通の成功者という人が身にまとっている
ガツガツした感じとか、
上昇していくんだ、みたいな。
いわゆる資本主義的エネルギーだと思うんですけど。
はいはい。
別に僕は資本主義の中に生きてるので、
資本主義っていうのはデフォルトで持ってるんですけど。
それが外に出てないって、あんまり。
っていうのをよく言われるんですよね。
で、今日喋ってた方に言われたのは、
喋って5分くらいで、
「なんかもう、全然違う感覚になりました!」みたいな。
(笑)
こと言われて。
「すっごい楽になりました!」
「本当にありがとうございます!」って。
終わったあとも
「すごいほんと興奮しすぎて、
メンターのひとりに電話して『こんな話してもらいました』とか話しました!」
とかをメールでもらって。
別に僕はこのテンションで喋ってただけで、
元気づけようとか、楽にしてやろうとかもなくて。
普通に喋ってただけなんですけど。
「トゥモさんって自分のエネルギーを相手に与えられる人なんですか?」みたいなこと聞かれたんですけど。
(笑)
「人間って喋ってると振動が伝わるから、
僕の振動が高くてそれが伝わったんじゃないですか」っていうだけの話だと思うんですけど。
でも別に僕は
「相手の振動数を上げるんだ!勇気づけて頑張れって言うんだ!」みたいなのとかって全然なくて。
はい。
というか僕がうまくいかなかったときってずっとそれをやってて。
なるほどね。
ポジティブに、「人生は変えられるんだぜ!」(笑)
あー、なるほど。(笑)
みたいなテンションだった2年間、3年間くらいかな?
があって、起業始めた時。
全然うまくいかなかったんですけど、当時。
はい。
で、今は別に相手に影響を与えてやろうなんてのは全く思ってなくて。
勝手に自然となんかうまくいくんですけど。
はいはい。
その感じですよね。
すごい力が抜けてる。
そうですね。
「よっしゃ頑張ろう!」とか、
「よし、気合い入れていこう!」とかっていうのは、
頑張らないとうまくいかないと思ってるから
頑張りたいと思うわけで。
あー。
その時点で違うんですよ。
うんうん。
自分らしくない、全然。
相手のことも、
「モチベーション上げさせなきゃ」と思ってる時点で
相手のことマイナスベースで見てるんで。
うんうん。
全然ちゃんと見れてない、相手のことを。
そんなマイナスに見なくても、
いやいやできてるところすでにあるし、
そこ伸ばせばいいんじゃない?みたいな。
それは自分の中の『相手の見方の前提』が間違ってたりとか。
「よっしゃ頑張ってやっていくぞ!」みたいなのは
自分自身を自分で認識する時の、認識の仕方が間違ってたりとか。
『頑張らないとうまくいかない』とか。
『自分は気合い入れてやらないと成果でない』みたいな。
成果出すために頑張ろうみたいなのは全部間違えですね。
はいはいはい。
というかそうじゃない方が成果出ます。
自分らしく、自分の強みを使って、
自分が生きるべくして生きる道を生きてる方が、
絶対うまくいきます。
うんうん、そうだよね。
そうなってくると、
自分を大きく見せようみたいな感覚が無いので。
そうですね。
アピールも無いんですよね、別に。
そうですよねえ。
だから「自然体ですよね」とか「ガツガツしてないですよね」とかっていうのも
やたらよく言っていただくんですけど。
はいはい。
その状態かなあと思うし。
そうですね。
売上目標とかも、
立てますけど、どうでもいいんですよね。
(笑)
もうそこに執着してないですよね。
うんうん。
でも収入は会社員時代の5倍くらいあったりするんですよね。
時間は40倍くらいあるんですけど。(笑)
(笑)
なるほどなるほど。
でもそれってお金が大事じゃないとか言ってるわけじゃなくて。
お金は大事なんだけど、
形に見えないものの重要性とかが多分…。
だからちょっと『ニルヴァーナ』に近いのかもね。
要はお金ってものとそれ以外のものの重要度が、
ちょっと普通の人よりギャップが少ないのかもしれない。
そうでしょうね。
お金に執着がない。
なくはないと思いますけど、
普通の一般的な人に比べたら非常に少ない。
で、執着が少ない、もしくはない状態のほうが手に入るので。
そうだよね。
その感覚すごいあるんですよね。
やっぱ執着しちゃってるから受け取れなかったり、
っていう状態になってくと思うんですけど。
そうですねえ。
執着してるって要は、
お金で言うと、
「お金が自分に入ってこない」って思うから執着するんですよね。
あーなるほどね。
入ってこないと思うからこそもっとほしいって思うし、
入ってこないと思ってるからこそ、出ていかないように執着するみたいな。
なるほどなるほど。
だからお金に執着してしまう思考を生み出す観念があるということですね。
「お金は入ってこない」
「自分には入ってこないんだ」
っていう前提の誤りがあったりだとか。
でもそれは、
自分の資質を使って、強みを使って生きてると
自然になくなっていくんです。
あー。
ベクトルがお金に向かなくなるので。
自分を活かして生きていくっていうことにベクトルが向くので。
そうだねー。
お金への執着が少なくなるんですよね。
あー。そうっすねー。
だから僕も今、独立してまだ間もないですけど
今頑張ってる感じ全然ないです。
自分の資質と強み、しか使ってないので。
だから全然頑張ってる感は無いけど成果は出てるって状態ですね。
いい状態っすね。
いい状態ですね。
全然精神的な負荷はないし、
でもちゃんと売上は上がってきてるっていう状態ですね。
なるほどねえ。
そうそう、だから、
今回セミナーのテーマを
”現代版『ニルヴァーナ』セミナー”という名前で。
いいっすねー。
”現代版『ニルヴァーナ』”。
やろうかなーと思ってるんすけどね。
より自分のことが分かっていくことによって
自然体にもなるし、
その状態にやってたらそりゃうまくいくよねっていう。
そうですね。
というか、うまくいかない、成果が出ないっていうのが
あり得なくなってくるんですよね。
分かりました、それもやりましょう。
そうですね。
要は、いかに自分らしいエネルギーを循環させていくのか、とか。
あとは、僕で言うと
直感で「別に夢(をメモるの)はいいや」とか思うわけですよ。
「夢はいいから風呂はやろう」みたいな。
はいはいはい。
でも僕今まで何度もあるんですよ。
「夜入れ」って言われてきたこと。
もう何回もあったんですけど、
「いいや」って思ってたんですよね。
へえー、そうなんですね。
じゃあそのときは良かったんでしょうね、やらなくて。
多分ね。
で、この一ヶ月位が結構僕の中で転機ですけど。
平野さんの「脳の誤認」を外してもらったところから、
どどどっと動き始めて。
はい。
で、エネルギーも上げようと思って上げたりとか。
あと最近僕はバシャールを読んでて。
バシャール。
この世界の成り立ち方として、
どうこの世界が成り立ってるのかとかいう話ですよね。
例えば「引き寄せの法則」についてとか。
「引き寄せの法則」、あれ厳密に言うと無いですからね。
お、と言うと?
全部引き寄せられてるんですよ、常に。
そうそう、全く同じことを言ってました。
(笑)
「引き寄せの法則」を学ぶ必要がないって言ってましたね。
ないですね。
学ぼうが学ぶまいが引き寄せてるからっていう。
そうそう、全部あるんですよ。本当に。
自分の腹の底で信じている、
あなたの振動数に合った現実が、
目の前にあるだけですと。
そうそう、まさに本当にそうですね。
引き寄せようとか、
思い描くんですとか、いうアプローチそのものが必要がないって言ってました。
必要ないですね。
本当に必要ないと思います。
振動数とかよりもっと分かりやすい言い方で言うと、
自分の脳が重要だと思っているものしか見えないって感じですね。
あーあー。
これ例え話ですけど、
結婚したて、子どもが生まれたての男性がいたとして。
その男性は自分の脳の中に
「赤ちゃん」っていう概念がすごく重要なものとして認識されるわけですよね。
うんうん。
そうすると知らない間に
ミルク売ってる場所とか、
ベビー用品売ってる場所とか。
あとは妊娠してる女性の方とか、
ちっちゃい子ども連れてる女の方とか。
っていうのが自然に目に入るようになる。
目に入るようになるっていうか、
脳がその情報を選択的に拾うんですよね。
それが巷で(言う)引き寄せられてるっていう状態ですね。
それもそうだと思うし、
本の中に書いてあってさらに僕がワクワクしたのが(あって)。
はいはい。
実際それが3次元的に起こってることだと思うんですけど。
さらにもうちょっと突っ込んだ話が書いてあって
面白いなーと思ったのが。
はい。
ワクワクすることをやりなさいと。
それはさらに大きなワクワクにつながってるからっていうのを
バシャールはずっと言ってるんだけど。
(バシャールと対談した)さとうみつろうさんは、
そのワクワクっていうのって、磁力線線だと思ってるって言ってて。
磁力線。
磁力。N極とS極の磁力ね。
はいはいはい。
面白いんですけど、
量子力学の世界でもう観察されてるらしいんですけど。
量子力学って、
観察者がいる時といない時で
全く同じ実験やってるのに
全く違う結果になったりするのがあって。
ダブルスリット実験ってやつですよね。
そうそうそう。
あれはもう既に観察されてるんだけど。
磁力線って面白いのが、
対生成って言うんだけど、
何もない空間の中に、急に2つの粒子がポコって生まれるんだって。
急に。
急に。
無から有になるんですね。
なるんだって。
その時例えば、
こっちがプラスって態勢だったら
もう片方は必ずマイナスっていうものが生まれる。
逆のものが生まれる。
逆になるんだって。
プラス100だったら相手は絶対マイナス100ってのが生まれて。
ポコってその2つが何もないところから弾けるように生まれて、
そのあとその2つがまた跳ね返って戻っていって、
真ん中でまたぶつかった瞬間に対消滅って言って消えるんだって。
これが電磁の粒子らしいのね。
へえー。
だから引き寄せの法則じゃなくてマグネタイズの法則なんじゃないかっていうのを
さとうみつろうさんは言ってて。
つまり、あなたが何か夢を見るっていう瞬間っていうのは
もうそれと同時に、叶ってるっていう。
なるほどなるほど。
観察者と観察される側が同時に生まれるっていうのが
この宇宙なんだと。
あーなるほどなるほど。
だから、実はこの宇宙が、
あなたを使って夢を見てるんですって言ってて。
なるほどね。
なるほどなーと思って。
より大いなる意志が見させてる状態。
そうそう、夢を見させてる。
あなたを使って。
へえー、なるほど。
っていうのが夢なので、
夢は勝手に叶うから。
叶ってるから。
っていうのが彼が言ってたことで、
バシャールも「Yes! Yes!」って。
その通りですって。
(笑)
だから重要なのは、
みんなが学ばなくちゃいけないのは
「どうやって引き寄せるか」じゃなくて、
「どうやって脳の思い込みで自分の夢を遠ざけてしまってるか」っていう
メカニズムを学んだほうがいいと。
本当に自分がほしいと思ってるものがあるなら(しかしその夢が叶っていないなら)、
脳みそが間違って、遠ざける思い込みをしてるので、
それを外す方法を学んだ方がいいって言ってました。
あー、なるほどね!
それが要は一般的な常識に縛られてる状態とかっていう。
カジュアルな表現すると。
そうそうそう。
っていうことになると思うんですけど。
なるほど。
こういうふうな世界の認識の仕方っていうのが
僕は『ニルヴァーナ』の方向なのかなと思ってるんですけど。
そうですね、正にそうですね。
と思うんですけど。

まとめ

  • 「よし、頑張ろう!」と言うのは、頑張らないとうまくいかないと思ってる状態なので、自分らしくないしうまくいかない
  • お金に執着するのは「お金は入ってこない」という前提の誤り
  • 自分の強みを使って生きていくと、お金への執着が少なくなっていく
  • 「引き寄せの法則」は学ばなくても常に起こっている
  • もし夢が叶っていないなら、どんな脳の誤認(思い込み・既成概念)で夢を遠ざけてるのかを学んだほうがいい

この後は、11月に行われる”現代版『ニルヴァーナ』セミナー”についてお話します。( ´ ▽ ` )ノ

対談の続きはこちら

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!