無明から抜け出す方法とは – 平野孝明さん対談1-2

無明から抜け出す方法とは – 平野孝明さん対談1-2
前記事はこちら
Screenshot「現実を動かなくしてしまう3つの『煩悩』とは」 – 平野孝明さん対談1-1
じゃあ無明に話を戻すと、
(無明・嫌悪・渇望)それぞれでもうビジネスの、
みんなが止まっちゃってる部分とかにそのまま行けそうな気がするんですけど。
そうですね、その3つ。
その無明に関してなんですけど、
どうしたらその無明から抜け出せるんですか?
無明は、まず己を知るってことです。
これもうベタですけど。
ベタですねえ、はい(笑)
己を知る。
己にスポットライトを当てる。
自分が人生の主人公であるということをもう一度思い出すってことですね。
あー、じゃあ別に滝に打たれに行かなくちゃいけないわけではない?(笑)
いえいえ、全然(笑)
それはもう修行僧の人がやればいいだけで。
2,500年前に悟りを開いて宇宙の真理を伝えてる仏陀も、
苦行はいらないって言ってるんですよ。
あの人めちゃくちゃ苦行したその先に悟った人で。
だけどその人が苦行はいらないって言ってるんです。
実際仏陀が悟ったときも、
スジャータって言う人におかゆをもらって、
そのときにパッと悟ったと言われてるんで。
へえー。
別に苦行してるときに悟ってるわけじゃないんですよ。
へえー。
涅槃(ねはん)って言うじゃないですか、『涅槃で待つ』とか。
涅槃っていうのは横になった状態、リラックスした状態、
あの状態で悟ったって言われてるんですよ。
だから苦しいことはしなくていい。
滝行とか苦行は全然しなくていいです。
でも、何やっていいか分からないとか好きなことが分からないっていうのは、
自分自身にスポットライトを当てるって言うことをしてないだけです。
自分にスポットライトを当てるっていう感覚って、どういうことなんですかね?
みんなスポットライトが人に当たっちゃってるってこと?
周りを気にしてたり。
そうですそうです。
迷惑かけちゃいけないとか、
自分の本音を伝えることによって周りに悪影響を与えちゃいけないとか、
それは勘違いなんです。
そんなこと無いんです。
でもそれはもうしょうがなくて。
日本の教育がそうなってるんで。
小学校6年間、中学校3年間、高校3年間の計12年、
大学行ってれば16年間、ぐらいで徹底的に植え付けられてるんで。
あと日本の民族性っていうのもあります。
和をもって尊しとなすっていう。
まあ和をもって尊しとなすっていうのは、周りに迷惑をかけてはいけないっていうことではないんですけど。
日本人は和を重んじるっていう民族性があるので、しょうがないのはありますけど。
自分にスポットライトを当てるって言うことをすると、
自分が何がしたいかわからないとか、好きなことがわからないっていう状態は必然的に消えていきます。
別に頑張らなくても。
じゃあ感覚としては、
もうちょっと分かりやすい言葉で言うと、
自分を優先するみたいな感覚でいいんですかね、普段から。
そうですそうです。
自分を優先していいっていうこと。
そうそう、自分の本音はどこにあるのか、
自分は本当は何がしたいのか、
自分の本音ですよね。
ご飯食べるときも今日の体が欲してる心の本音は何なのか、みたいな。
物食べるときでも、何か選択するときでも、
反射的に行動を取るんじゃなくて、
一回本当に心にそうなのか聞く。
いやー、分かる。
(笑)
なんか(心に聞かないと)ルーティンに入っちゃいますよね、飯とか。
そう、反射なんですよ。
だから考えてないというか、自分の本音じゃない。
平野さんって一日一回しか二日に一回しか飯食わないって言ってたじゃないですか。
一日一食ですね、
今のところ大体一日一食。
一日一食。
でその理由って何なんでしたっけ?
それは、試したんですよ。
一日4食の日と、3食の日と、2食の日と、1食の日と、何も食べないっていう日を試して。
それで一番調子が良かったのが一食。
で断食の時期も(あって)やったんですけど、
断食もずっとは続けられないので、
まあ一日一食がいいかなと。
何で一食になったのかっていうのが、その頭の…。
あーなるほど。
体が本当に食べ物を欲している時と、
頭で考えて食べたいと思ってるのって違うんですよ。
それが違うことをみんな知らないと思うんですよ。
多分知らないと思います。
だからそれは自分の心を優先するとか、
自分の心、本当の本音の自分にスポットライトを当てるってことを続けていくと、
その違いが分かるようになるんですよ。
ああー。
脳って、要は思考とか感情が生み出される場所なんですけど、
思考・感情は自動で発生するものなんですよ。
自分で考えてない。
もちろん考えようとして考えれば考えてるってことになりますけど。
(思考・感情は)自動的に発生してるので。
だから一日三食食べないといけないってみんな思ってるんで、
だから朝食食べて、
あ、12時位になったー昼ご飯食べよう、
で夜帰ってきて夜ご飯。
それはもう反射なんで、自分の心の声ではないですね。
心の声、体の声ではない。
まじで腹減るまで飯食わないっていう。
そうですそうです。
本当に、あ、お腹がすいたな。
それはもう時間関係なく。
あ、お腹がすいたなって思ったときに食べる、っていうことをすると、
自分の心と対話ができるようになってきます。
なるほど。
自分の心と対話ができると、
自分の本音、本当に何がしたいのか、
本当はどういう生き方がしたいのかっていうのがだんだん分かってくる。
明るくなってくる。
それが、「無明」が、『煩悩』がなくなってくっていう状態です。
なるほどなるほど。
ビジネスをして、クライアントさんを持って相手に何かを伝えるとか、
クライアントさんのために何かをするってなったときに、
やっぱり自分が満たされてる状態じゃないと、
本当の意味での相手のためっていうのはできないですね。
だから、『煩悩』っていうのは無い方がいい。
なるほど。
じゃあその『煩悩』、3つの『煩悩』をなくしていくっていう作業が必要なわけですね。
そうですね。
「無明」に関してはその自分と向き合うっていうところと、
あとは肉体的にも『煩悩』を消していけます。
へえー。
徹底的に自分の体をいたわるっていうことです。
へえー。
体をいたわる。
それはマッサージを受けるとか?
マッサージとかじゃなくて、
ゆっくり湯船に入って、しっかり睡眠時間を取るとか。
何でそれがいいかって言うと、
湯船に入って血流が良くなると、
血液の流れと神経の流れと、
あと人間の体の中にあるエネルギーの流れも良くなるんですよ。
滞ったエネルギーの行き場がないやつが『煩悩』になるんですよ。
はあはあはあはあ、なるほど。
じゃあエネルギーが流れてるときっていうのは『煩悩』になりづらいと。
なりづらいです。
だから自分の体調がいいときって心も穏やかになるというか、
精神状態も安定するみたいなことは
多分皆さんも感じたことがあると思いますけど、
それはもう本当にそういうことなんですよ。
で、エネルギーって何かって言うと、
人間のエネルギーはそのまま意識。意識につながる。
要は精神状態ですよね、
精神は意識なので。
だから自分の体を毎日いたわって過ごすっていうことをするだけでも、
『煩悩』はある程度は消えていく。
なるほど。
だから人間の精神状態と肉体は非常につながりがある。
僕はもともと整体師なので、
そこの関係性は普通の人よりはすごく詳しいと思うので、
これはまあほぼほぼの確率でそうなんですね。
体と心はもう密接にリンクしているっていう。
なるほどねー。
なので、体をいたわる。
なるほどなるほど。
特に、お風呂に入るっていうのはすごくいいんですよ。
へえー。
体がきれいに。
湯船に?
湯船に、はい。
湯船に塩を入れて入るとすごくいい。
へえー。
何でかって言うと、
古今東西どの国の宗教でも、
水によって浄化するっていう概念がどこにでもある。
キリスト教の聖水でもそうだし、
それこそ仏教の滝行もそうだし、
神道でも海に入って禊をするっていう概念もあるし、
あと、あのーあれですよ…、
忘れちゃったけど(笑)
(笑)
イスラム圏でもあるんですよ、水によって浄化するっていう。
で、塩。
塩も浄化作用があるっていうのは世界どこでもある。
なので塩を入れた湯船に、
3ヶ月間毎日ゆっくり浸かるっていうことをやると、
めちゃくちゃ多分エネルギー状態良くなります。
へえー。
それだけでも『煩悩』は、
試したこと無いので確実ではないですけど、
それだけでも自分の意識状態っていうのはある程度軽くなって、
自分っていうのが分かる。
自分に目線を向けるようになってくると思います。
へえー、やってみよ。
やってみたらいいと思います。
へえーいいっすね。
で、お風呂入ったあとのすっきり感は、
もちろん汚れが取れるっていうのもありますけど、
その日一日の悪いエネルギーというか、
不調和なエネルギーが流れるっていう。
それでもすっきり感はあるんですよね。
俺実は、風呂、朝派なんすよ。
あー、夜のほうがいいっすよ。
夜の方がいい?
うん。
その日の汚れはその日のうちに、的な(笑)
その、ちょっと不遜な態度で申し訳ないんですが、
朝派なのにこんなにいい人生を送っているので、
夜にしたら凄いことになりそうだなっていうのが(笑)
いやそうですよ。
だからそれも検証してみればいいんですよ。
どっちがトゥモさんに合うか。
僕が言ってることは絶対的じゃないので、
それはもうどっちが合うか検証して、
朝、例えば2週間毎日夜入り続けるっていうのと、
今まで通り朝にシャワー浴びるっていうのを、
どっちがより自分の現実が良くなるか。
それは試せば。
いや、夜にします。
(笑)
夜に。
全部夜でやってみます、とりあえず一回。
で、悪いエネルギーがない状態で睡眠につくっていうのは凄くいいと思います。
へえー、やってみよー。
やってみるといいと思います。
なんかでも集中力とか絶対上がりそうだね。
そうですね。
睡眠の質はあきらかに良くなると思うので。
へえー。
で、睡眠にも秘密があるんですけど。
はいはいはい。
睡眠、寝てるときに夢見るじゃないですか。
はいはい。
夢って潜在意識の情報の整理がされてるってよく聞くんですけど、
僕そうじゃないと思ってて。
うんうん。
いま肉体があるのはこの3次元ですけど、
夢の中って違う次元に実際に行ってるんですよ。
うんうんうん。
でその夢の中の情報も一緒に取ってくるっていう。
いい睡眠が取れれば、深い睡眠が取れれば夢を見るじゃないですか。
その中で、夢の中で何かヒントになることがあったりするんですよ。
ふーん、え、なになに。
まずいくつか質問が出たんですけど。
はいはい。
寝てるときに違う次元に行くのは
3次元より上の次元?
上の次元です。
上の次元にまあ遊びに行ってるような状態だと。
そうそうそう。
でそこで取ってきた情報が?
そこで例えばあのー…。
あ、ごめんちょっと待って。
それの前にもう一個質問があって。
はい。
よく、眠りが浅いときに夢を見るって言うじゃない?
うんうんうん、あー浅いときにね。
浅いときに見ますね。
浅いときに見るんだ。
あ、それは合ってるんだ。
それは合ってます。
あ、オッケーです。
僕さっき深いって言っちゃいました?
深いって言ってました。
浅いときに見ますね。
はいはい。
で、行ったときに取ってきた情報が?
取ってきた情報が自分の、
より良く生きるためのヒントだったりとかっていうのがすごくあるんですよ。
ふんふんふん。
夢の中でインスピレーションを受けたとかってよく聞くじゃないですか。
はいはいはい。
だからそれはそういうことで。
その眠りのときの自分のエネルギーの状態が良ければ、
そこ(高次元)とつながりやすくなるっていうのはあるので。
あーなるほど。
よく、眠りに入る前の心の状態が
すげー人生に重要だって聞く。
あーそうなんですね、それは僕初めて聞きました。
寝る前に瞑想するとか、
もしくは何かに感謝して寝るとか、
あとは願い事してから寝るとか、
っていうのをやると凄い加速するって聞いたことがある。
要は、寝てるときって3次元のこの顕在意識じゃなくて、
それこそ無意識とか潜在意識の深い自分の意識レベルに
とーんって入れるんで。
だから、そこでの情報をどう扱うかっていうのはやっぱり重要ですよね。
なるほどね。
実際僕もたまーに夢の中に、
仙人が出てくるんですよ、たまーにね。
へえー。
そのときにぽんぽんってキーワード言われるんですよ。
それをパッと目が覚めた瞬間にノートにメモって、
何言われたかをメモっておくんですよ。
そしたら、近々そのキーワードが必要になってくる場面があったりするんですよ。
ふーん。
ちなみに僕、夢は見る方なんすけど、
起きると忘れちゃう方です。
あー、あのねえ。
覚えておいたほうがいいですよ。
覚えておいた方がいい?
方がいい。覚えておいてメモっておいた方がいいです。
へえー。
で、それもっと進んでくると、
ドリームヨガっていうヨガがあるぐらい、
夢を自在に操るってことができるようになります。
へえー。
いま夢を見てるんだなっていう認識を持ったまま夢を見れる。
でもそれできるようになったら、この3次元の世界でも同じことできるようになりそうだね。
と言うと?
3次元も夢みたいなもんだって言うじゃないですか。
あ、そうですね。
だから、夢見てるときに「これ夢だ」って思ってそれを動かす練習ができるようになると、
こっちでもできそうだよね。
そうそう。
要は、3次元でそれができるようになるっていうのが、悟りの視点なんですよね。
あー。
3次元の今生活しているこの現実は夢であり幻である、っていうのが本質的な答えなんですよね。
はいはいはい。
瞑想して、自我に没入していたところから離脱する。
自分を客観的に見るって言うことをするとその感覚になるんですよ。
なるほど。
だから夢の中で夢を操る、
これは夢だって認識して夢を自由に操る。
空飛んだりとか。
すると、すごく自分の人格的な成長がすごく早くなる。
なるほどねー。
僕も一回だけあるんですよ、夢操ったこと。
ほうほう。
夢ん中で「あ、これ絶対夢だ!」って思って空飛んだことあります。
へえー。
空飛べました(笑)
へえー、なるほどね。

まとめ

  • 無明から抜け出すには、己を知ることが必要
  • 自分の心と対話できるようになると、自分の本音が分かってきて「無明」がなくなっていく
  • 自分の心と対話する方法:体が食べ物を欲するまで食べるのをやめてみる
  • 肉体面から「無明」を抜け出す方法:バスソルトを入れた湯船に毎日浸かる
  • 夢で得た情報を記録して、夢を操れるようになると、現実も操れる(=悟りの視点)ようになる

次回は、僕がエネルギーワークを受けてどう現実が変わったか、
実体験を通したリアルな内容をお伝えします。

お楽しみに。( ´ ▽ ` )ノ

対談の続きはこちら
Screenshot「トゥモローが実体験した悟りの境地」 – 平野孝明さん対談1-3

【21世紀を豊かに生きる】無料メルマガ配信中!

人としてちゃんと成長・成功したい
自然体のままで人生を楽しみたい
21世紀を豊かに生きたい

こんな人生を過ごしたい方は、トゥモローからのさらなる情報を今すぐGETしてください!